スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

日系金融機関は外資系金融機関よりも高給かもしれない

外資系金融機関に転職してかれこれ数年経つわけですが、知り合いからは外資系金融というと給料が高いんでしょと僻まれるわけです。

もちろん、否定はしません。外資系金融と言っても様々ですが、いわゆる有名どころ、ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、JPモルガンあたりの一流バンクになると、稼いでいるのは事実です。

フロント、バック、ミドルに分けたとしたら、もちろん、フロントが高給なわけですが、フロントで働く人の給料は実に差が大きいです。対照的に、バック、ミドルの人たちは差が少なく、日本企業と大きく変わりません。

トレーダーやIBは、成果給が占める割合が大きいです。基本給は1千万程度が普通ですが、ボーナスがゼロから数千万まで変動します。

株や為替のトレーダーは、がっつり儲ければ年収が億を超えることは珍しくないです。ただ、トレーダーの場合、2年連続で負けたら、よっぽどの理由がない限り、クビになるでしょう。

外資系金融は上記の通り、非常にボラタイルな給与体系となっているわけですが、ハイリスクハイリターンと言えます。

一方で、日系金融機関は外資系金融と比較すると、給与水準は低いです。30歳で1千万がいいところです。ただ、彼らはどれだけ大損をここうが、クビになることはほとんどありません。最悪の場合、国が助けれくれるからです。もちろん、50代になって早期退職などの形で実質クビになることはあります。

日系金融機関の平均年収が1千万だとしましょう。一方で外資系企業の平均年収は2千万から3千万です。これは筆者のこれまでの経験に基づいた数字ですが、フロントで働く人たちを想定してます。

一見すると、外資系金融は、日系金融の2倍から3倍稼げるわけですが、日系企業には1千万の年収のほかに、日本独特の福利厚生制度があるわけです。

メガバンク(三菱UFJ、みずほ、三井住友)や大手証券(野村、大和)、大手保険(東京海上、日本生命)などでは、住宅補助制度、社宅制度があるわけです。これは外資系金融ではないことが多いです。

住宅補助制度は、日本の大企業にはたいていのケースであることが多いですが、日系金融の住宅補助、社宅制度は非常に恵まれています。社宅であれば、首都圏のマンション、一軒家であっても、月1万から3万で住めるのです。住宅補助の場合も、7-8割補助というのが一般です。つまり、家賃15万の家に住んだとしても、自己負担は3万円ほどですむわけです。

この住宅補助は、日系企業の隠れ給料ともいうべきものです。仮に上記の例であれば、年間144万円分を会社が補助していることになります。年収1千万であるとはいいながらも、年収1千144万円なのです。実際は。税金のメリットもあるわけです。

その他、退職金制度や企業年金制度も日本独特です。米系企業ではそれらの制度がないことが多いです。

これらをざっくり勘案すると、日系金融機関の平均年収は2千万円程度なのです。つまり、外資系金融は必ずしも高給ではないのです。

しかも、外資金融との一番の違いは、日系企業ではクビになる恐怖がないのです。外資金融では、その年の成果で誰がクビになるかはだいたい検討がつくほど、白黒はっきりします。クビになりそうな人は、転職活動をひそかに実行していることが多いです。日系企業ではその恐怖がないので、精神的に余裕が生まれます。

こう考えると、日系金融のほうが待遇がいいと思うでしょう。そうです。筆者も日系金融の方が精神的に安心して毎日を過ごせます。

では、なぜ日系金融から外資系金融に転職する人が多いのか?彼らも馬鹿ではありません。これぐらいの計算はしています。外資系金融に行くメリットは、年収がほぼ青天井だからです。日系金融にいる限りは、社蓄となり、一生仕事の出来ない上司に尽くすことになります。クビにならなくても、日々つまらないのです。だから、成果を評価してくれる外資金融にいく人が多いのです。頑張り次第で億を稼げる、アーリーリタイアも夢ではないからです。しかも、仮にクビになったところで、実力があれば再就職も出来るのです。

本当に実力がある人であれば、外資金融でも成功するでしょうし、仮に運悪く失敗したとしても、また日系金融に再就職できることが多いです。外資金融への転職は、いわゆるコールオプションのようなものです。損失は限定的なのです。少なくとも実力がある人にとっては。筆者もそう考えています。

参考文献-外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々

関連記事
08 : 40 : 31 | 就活、転職、企業年収 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<銀行の年収、給料、業務について | ホーム | 洋画『コール』シャーリーズ・セロン, ケビン・ベーコン, ダコタ・ファニング>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/968-dba8ac70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。