スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

中国株の種類と概要について

中国株の種類について。

中国株は、

中国本土上場の「A株」「B株」

香港上場の「H株」「レッドチップ」「P株」

ニューヨーク上場の「N株」

ロンドン上場の「L株」

シンガポール上場の「S株」などに分類される。

中国本土には1990年開設の上海証券取引所と、1991年開設の深セン証券取引所があり、人民元建ての「A株」と外貨建て(上海では米ドル建て、深センでは香港ドル建て)の「B株」が取引されている。

A株は基本的に中国国内投資家向けの市場であったが、2002年12月にQFII(適格海外機関投資家)制度が発足し、投資枠を付与された海外機関投資家もA株市場に投資できるよう改変済み。

B株は当初は外国人投資家向けの市場であったが、2001年2月以降は外貨を保有する中国人投資家にも開放済み。


香港上場の「H株」、「レッドチップ」、「P株」の違いについて。

香港上場の中国株は、登録地、政府系か民間かによって3種類に分類。

中国本土で登記された企業は「H株」。

中国本土以外の国・地域で登録された企業で、実質的な所有者が中国の政府機関やその関連企業の場合は「レッドチップ」。

中国本土以外の国・地域で登録された企業で、旧政府系企業に属さない中国民間企業は「P株」。


中国株二季報2012年夏秋号 中国株情報2012

関連記事
08 : 16 : 53 | 中国関連 | トラックバック:(0) | コメント:(1) | page top↑
<<クレジットカードを使え。現金を使う奴は馬鹿だ。 | ホーム | サラリーマンを続けながら億万長者になる方法>>
コメント:
Sprint株の今後
こんにちは。毎日楽しみにこのブログを読んでいます。さてSprint株の今後どうなるのかを知りたいのです。TOB価格を下回っていますが、この値段で買ってもいいのでしょうか。先生のコメントをお伺いしたいのですが。どうぞよろしくお願い致します。
by: ふるちゃん * 2012/11/02 05:00 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/966-2be1e403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。