スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

巨大(ガリバー)証券-高杉良



バブル崩壊前の野村證券の話。

当時は、アメリカもびびるほど野村證券は儲かっていた。

規制緩和する前ね。

馬鹿高い手数料を搾取できた時代の話。

ただ、主人公の主幹事証券争いなんかは非常にリアルだし、今も描かれている程度の汚いやり方は当たり前のように行われている。

野村證券と大和証券の差は大きいね。今も昔も。

大和に行く人の気が知れないわ。潰れるんじゃないか。
関連記事
04 : 50 : 08 | 就活、転職、企業年収 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<読むべき本①藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義 | ホーム | 生命保険会社の年収、給料、業務について>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/94-30847b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。