スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

鴻海(ホンハイ)が決算発表延期、シャープ完全子会社化が実現か

シャープと台湾の鴻海(ホンハイ)の資本提携の話は、30日時点で合意には至らず結論を持ち越し。

鴻海(ホンハイ)は30日予定の1-6月期の決算発表を延期、31日午後発表らしい。

通常、企業が決算発表を延期する際には、重要な交渉なり決定がなされることが多い。

決算発表と同時に発表というケースも散見される。

今回の鴻海(ホンハイ)の決算発表延期が何を示唆するのか?

考えられるシナリオとしては、取得価格を大幅に引き下げて、シャープ株の20%なり30%、極端だと、過半数を鴻海(ホンハイ)が取得し、シャープを完全子会社化するシナリオ。

鴻海(ホンハイ)としては、シャープの液晶技術と生産能力は欲しいので、子会社化するメリットあり。

ただ、シャープとしては、意地でも子会社化は避けたい。実質的には、アップルの子会社化も同然。

子会社化と同時に、シャープ経営陣は解雇だろうし、人員カット、給与水準カットが目に見えている。

鴻海(ホンハイ)の工場の労働者の自給は恐ろしく低い。シャープのろくに仕事もできない40代、50代の高給取りは会社から消えるだろう。

だから資本提携交渉が揉めているのだろうけど。鴻海(ホンハイ)からの出資がなくなれば、シャープは破綻に近づくわけで。シャープが折れる可能性が高い。

鴻海(ホンハイ)の戴正呉副会長は、シャープへの出資条件見直し交渉について、両社は前向きに話し合いをしている最中として、言葉を濁している。

そもそも、資金難に陥っているシャープとアップルの下請け企業の鴻海(ホンハイ)は3月に資本業務提携で合意。シャープ株の約10%を取得予定だった。その後、シャープの株価が取得予定価格(1株550円)を大きく下回ったため、取得価格や出資比率の見直しを協議してきたという経緯。
関連記事
02 : 34 : 49 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<ソニーは末期症状、倒産する可能性が高い。VAIO Tap 20は時代に逆行している。 | ホーム | グーグルタブレットNexus 7 Wi-Fi Tablet 16GBを買いました。>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/909-7f869fdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。