スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

帰国子女は仕事ができるのか?

今日は帰国子女は仕事が出来るのか、出来ないのかについて。

筆者が勤める某外資系金融機関では毎年帰国子女が数名入社する。彼らは、中学、高校を海外で過ごし日本の大学に入学し日本で就職活動した口だ。彼らの強みはなんといっても英語が出来ることだ。どの程度の英語ができるかというと、ネイティブ並みという表現が相応しいほどだ。とりわけ発音に関しては筆者の日本人英語と比較すると、雲泥の差だ。彼らは英語力に非常に秀でている。

一方で、いわゆる仕事力はどうだろうか?外資系金融では嫌というほど帰国子女からのエントリーシートが舞い込んでくる。中には東京大学、京都大学、一橋大学など、帰国子女という肩書きがなくとも一目を置かれる学歴を引っさげて面接にやってくる。外資系金融機関では、基本的には面接は英語で行われるものの、彼らはいとも簡単に外国人の同僚との面接をパスしてしまう。もちろん英語力がものをいうのだ。外国人の同僚達は、他の就活生達の
あまりの英語の出来なさにうんざりしているのだ。ネイティブ並みの英語力があれば外国人との面接はほぼクリアできるだろう。しかし、外資系金融機関の日本支店には必ずといって良いほど、日本人が混ざっている。中にはボスが日本人という部署もかなりあるのだ。英語がネイティブ程堪能ではない日本人ボスは、英語以外のポテンシャルについて面接を行うのだ。英語だけで仕事ができないことは百も承知なのだ。この段階で帰国子女という肩書きで面接をパスしてきたボンクラは振るい落とされる。そうすると、誰が残るかというと、東京大学などの超高学歴且つ経済、法律などの専門知識を備えた人材だ。

彼らのスペックは非常に高い。簡単に言うと、東京大学卒+英語ペラペラだ。彼らの大半は入社数年で年収ウン千万円稼ぐようになる。将来の幹部候補だ。

ただ、ここでいわゆる例外があることを強調したい。外資系金融では、上記の本当の意味で能力の秀でた学生を採用する一方で、いわゆるピロー営業部隊も同時採用している。とりわけ外資系証券会社ではとんでもない営業活動が行われる。某日系ノルマ証券会社では、裸で踊るなど朝飯まえというのは就活生の常識だろう。外資系証券会社は、裸では踊らないが、違った営業が行われている。そのための人材が必要なのだ。皆さんの周りにいないだろうか、頭は弱いが帰国子女で英語がペラペラで容姿端麗で、外資系証券の内定を貰った人間が。彼らはピロー営業部隊として採用されたのだ。彼らはデスクワークの仕事は出来ないが、ある局面で威力を発揮するのだ。

何十人の帰国子女を見てきた筆者の結論は、帰国子女は非常に仕事が出来るということ、もちろん2つの意味でね。
関連記事
05 : 38 : 29 | 英語、TOEIC | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
<<英語で仕事をしたい人へ | ホーム | 受験勉強のコツ-英語①究極の英単語>>
コメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2012/11/14 13:41 * [ 編集] | page top↑
>中には東京大学、京都大学、一橋大学など、帰国子女という肩書きがなくとも一目を置かれる学歴を引っさげて面接にやってくる
桜井さんも当然ご存知かと思っていましたが、
上記大学の特定の学部についても、
私立大学同様、帰国枠がありました。
(今も存続しているかどうかは不明)
おかしな日本語をしゃべる人間も多数ですが。
by: anonyme(マルドメ) * 2012/11/30 23:13 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/691-72b85251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。