スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

国立大学は私立大学より圧倒的に格上

高校3年生とその保護者へ。

日本は学歴社会だ。東京大学を頂点として序列が出来ているのが実情だ。
巷では、東京大学>京都大学>一橋大学、東京工業大学>慶応、早稲田=阪大>残りの旧帝大>上智....といった具合だ。筆者はこの序列に概ね納得しているが、少し違和感があるのが、早稲田、慶応だ。知名度や学生数では私立大学が国立大学を上回っているだろう。早稲田、慶応を知らない人はいないだろう。

ただ、就職活動において、とりわけ超一流企業においては、国立大学が圧倒的有利であることは、あまり知られていない。なぜなら、超一流企業を受けるのは、一部の人間であるからだ。一流企業の採用活動に少しでも携わればすぐに分かる。早稲田、慶応は所詮マンモス校であり、いくらでも学生はいるわけだ。筆者も何度か採用活動を手伝ったことがあるが、また早稲田か、また慶応かといった具合だ。希少価値が全くないのだ。所詮国立大学に落ちた学生だ。

東京大学、京都大学、一橋大学ははやり別格だ。学生の質も高いし、はずれがいない。大阪大学や東北大学と比較しても早稲田、慶応はいまいちだ。国立大学の2倍の授業料を払ってまで私立にいくのはナンセンス極まりない。
世知辛い世の中だ、だまって筆者のように国立一本で受験しよう。受験料も馬鹿にならない。
関連記事
05 : 21 : 51 | 大学受験 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<受験勉強のコツ-英語①究極の英単語 | ホーム | 三菱東京UFJ銀行の年収について>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/684-bd41372d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。