スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

カーシェアリング、車を持つのは馬鹿だ



ついこの間、ZIPCARっていうカーシェアリングを米国で展開している会社に会ってきました。

カーシェアリングなんて新しい言葉ではないし、ビジネスとして難しいのかもしれないけども、

ZIPCARは少なくとも成功している。

なぜ成功しているかというと、かなり洗練された仕組みだから。

まず、マンハッタンの中だと、歩いて10分のところにシェアするカーがいくつかあるわけ。

それで、時間当たりで車を借りて、借りてきたところでもいいし、違うZIPCARの駐車場でもいいから、

返す。

例えば、新車を買うとなると、200万くらいはするだろう。それで5年乗ったら、1年40万だ。もちろん、最後に

中古で売れば、いくらか戻ってくるだろうけど。あとはガソリンと保険で年間50-60万以上はかかる。

一方で、ZIPCARの顧客のコストは、大体1日3000円。週1-2回乗ったとして、年間20-30万だろう。

車を保有することがいかに馬鹿げているかが分かると思う。

もちろん、郊外に住んでいて、毎日車に乗る人は別だ。

都心に住んでいて、週末に買い物などで車を利用する人にとっては、カーシェアリングは魅力的だろう。

実際に、マンハッタンではよく見かける。

車社会のアメリカで、カーシェアリングは、自動車会社の脅威になりうるだろう。
関連記事
02 : 45 : 32 | 映画、ドラマ、書籍 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<スティーブジョブズについて思うこと | ホーム | エルピーダ破綻>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/659-b7469612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。