スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

テクニカル分析について



投資に携わる人間であれば、誰もがしってるテクニカル分析。

ファンダメンタル分析と並んで、テクニカル分析を知らずして、マーケットで生きていけないわけだ。

日系の運用機関では、ファンダメンタル分析が主流で、株式で言えば、アナリストが企業に取材に行って、

業績予想をするわけだ。

その業績予想はほとんどのケースであたらないわけだが、あたったとしても、株価は上昇するかどうかは分からない。

実際の業績が上ブレしたとしても、株価は下落することも多々あるわけだ。

ファンダメンタル分析も必要だが、それ1本打法ではコンスタントに勝つことは出来ない。

過去の株価から法則を見つけ出し、それが今後も実現するという前提に立つのが、テクニカル分析だ。

過去の株価は、多数の投資家が売り買いをして形成しており、株価がどう推移してきたには、大きな意味がある。

筆者もテクニカル分析は毎日のようにチェックしている。

投資の王道は、筆者が最初に読んだテクニカル分析の本だが、非常にシンプル且つ高度な分析をカバーしている。

ご一読あれ。
関連記事
23 : 00 : 27 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<震災 | ホーム | 米国証券アナリスト試験(CFA)>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/658-8e5d0e6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。