スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

米国証券アナリスト試験(CFA)

日本の証券アナリスト試験をパスした人が次に目指すは米国証券アナリスト(CFA)だ。

日本の証券アナリスト試験など、運用業界では誰もが持っているものだが、

米国証券アナリストは格が違う。日本人の資格保有者は2000人に満たない。

筆者のように海外で金融機関に勤める場合、MBA、CFAのどちらか、或いは両方を持っていないと、

まず会社に転職することが出来ない。

CFA試験は、英語で行われる試験で、3次の試験からなる。

内容的には、日本の証券アナリストと大きくは違わないが、より高度な内容が問われる。

英語ネイティブの人にとっては、容易い試験だろうが、純日本人には多少タフだ。

以下の参考書はこれから試験をうける人にお勧めだ。

時間のない中で、どうやって効率よく勉強するかが書いている。

CFA受験の必須アイテムだ。


関連記事
08 : 50 : 03 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<テクニカル分析について | ホーム | 就活の現実①学歴>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/652-a20ead6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。