スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

日本を支えている高所得独身男性

世の中は非常に不平等だ。
筆者のような高所得独身男性は、全く持って報われない。
一見すると、筆者のような高所得者は世間から妬まれる、或いは、批判の対象となる。
勝ち組とさえ言われる。
だが、勝ち組と思ったことはほとんどない。
人よりもたくさん給料を貰う、合コンにいけば大抵の女性は興味を抱いてくれるといって程度だ。
その他の面では、筆者は負け組みだ。
典型的なのは税金面だろう。
筆者の年収は2000万円を優に超えるわけだが、この水準を超えると、年収のほぼ半分を税金で持っていかれる。
累進課税だ。筆者の価値がマーケットで、例えば年収3000万だと評価されたとしよう。
一方で、コピー取りと単調な事務作業が仕事の派遣のおばさんは、年収300万だ。
筆者は、年間約1500万円の税金を国に納めるわけだ。
おばさんは、おそらく年間30万以下だろう。
市場から評価されている=社会で必要とされている人間は、たくさん税金を納めていて、付加価値のない仕事をしている人間は税金をほとんど払わないのだ。
こんな不平等はないだろう。筆者が納めた税金は主に公的なもの(公共事業やら年金やら)に散財される。
年収3000万の筆者と年収300万のおばさんは、どちらが公的なものに多く依存しているだろうか?

筆者は長時間労働を強いられるわけだ。公園にいくことなど、年に1回か2回だろう。
基本的には仕事場と自宅を電車で往復する毎日だ。休日ですら仕事をすることも多々ある。
一方で、おばさんはどうだろう。子供を公園に連れて行くだろう。車で子供の送り迎えをするだろう。
そして週末には、家族で旅行にいったりするのだろう。筆者が納めた税金で、快適なドライブを楽しんでるんだろう。

高所得独身男性がもっとも余暇が少なく、公共施設を使わないのだ。
高齢化社会の中、巨額の税金を納めてくれる高所得独身男性への配慮はないのか?
関連記事
21 : 22 : 34 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(5) | page top↑
<<損害保険会社の年収、給料、業務について | ホーム | 第一生命の年収、業務について>>
コメント:
もの申す
初めまして。少々、カキコさせていただく。
現在の日本の年金制度というのは賦課方式を取っている。
簡単に言うと、上の世代の年金を若い世代が払うという仕組みだ。
結婚せず、子供もいない貴殿は将来、年収300万のおばさんの孫達が支払う年金に面倒を見てもらうわけだから、、文句を言ってはならない。
どうしても文句を言うなら、賦課方式の年金制度は、少子高齢化で支払う人が少なくなり、受け取る人が増えると維持できなくなることについて、触れるべきだろう。
もしくは、アメリカのように税金が安い分、福祉がない国に行きなさい。
国が運営する健康保険や年金もほとんどない国だ。頼れるのは自分だけで、誰も助けてくれない。税金が安いとはそういうことだ。その覚悟があるのならそうしなさい(ちなみに、日本の健康保険制度は富裕層に有利なシステムだったハズ。どんなに年収が高くても、確か年間60万ぐらいで打ち止めになったと思う。違うか?)。
by: 通りすがり * 2012/03/21 15:40 * URL [ 編集] | page top↑
Re
どうもコメントありがとうございます。
ご指摘の通り年金は賦課方式で、世代間のギャップがあるのは事実です。
また、健康保険も高所得者に有利です。
ただ、ここでは、所得税や住民税の累進課税方式について述べているのであり、
年金制度どうこうという話ではないです。
要は日本の産業自体のプレゼンスが下がる中で、優秀な若者が報われないのは、将来の日本の国益に大きくマイナスっていうことです。
by: Cozy * 2012/03/22 00:30 * URL [ 編集] | page top↑
No title
お返事どうも(^^
>優秀な若者が報われないのは、将来の日本の国益に大きくマイナスっていうことです。
その点は全くご心配ございません。
すでに、大手は外国人採用に切り替え始めてます(汗
日本の大学の最大の弱点は、職業訓練が実施されてないところ。
だから、企業が人材育成をしなければならず、そこから、「離職されては困る」→「年功序列」という考えが生まれてくる。
アングロサクソンの国で雇用を流動化できんのは、学卒時点でみな中途並のスキルを持ってるから。
同じく大学で職業訓練を受けた中韓の学生を、日本の大手が採用するようになったいま、年功序列は崩れてくでしょう。
ただ、その恩恵を受けるのが日本の若者ではない、という話です。
by: 通りすがり * 2012/03/23 09:22 * URL [ 編集] | page top↑
ノブレス・オブリージュだと思われたら良いのかも。いつもブログ参考にさせていただいております。お忙しいのに毎日書かれているなんてすごいですね。見習わなくては。
by: Antique * 2012/04/22 22:01 * URL [ 編集] | page top↑
Re
コメントありがとうございます。
仰るとおりかもしれませんね。
> ノブレス・オブリージュだと思われたら良いのかも。いつもブログ参考にさせていただいております。お忙しいのに毎日書かれているなんてすごいですね。見習わなくては。
by: 桜井基央 * 2012/04/24 07:54 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/649-14142339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。