スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

TOEICについて②スコアアップへの近道

今回はTOEICの攻略法について。

TOEICはリスニングとリーディングからなる。

リスニングは非常にシンプル。

TOEIC公式問題集をやればいい。それだけ。

TOEICのリスニングは、アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人がスクリプトを読んでるわけだけど、

TOEIC公式問題集の音声は、本番の音声と同じなんだよね。

ipodにCDをインポートして、何度も繰り返し聞く。

スクリプトを覚えるくらい聞く。

騙されたと思ってTOEIC公式問題集に集中してほしい。下の6冊で900点取れる。やり方はシンプルそのもの。何度も繰り返す。覚えてしまうくらい。

TOEICの問題なんて、同じようなシチュエーションが出るわけだから、当然使われる単語も似たものが多い。

パート3、4についてだが、設問と選択肢は事前に読もう。

筆者の場合、音声が流れる前に、設問と選択肢は予め目を通しており、音声が流れている途中で、既に回答にチェックを入れている。設問が読まれるころには、次の問題の設問と選択を読んでいる。

このリズムを崩さずに最後まで集中する。

わからない問題があっても、潔くあきらめて次の設問と選択肢を読もう。

リズムを崩して、次の設問をまるごと落とすことになりかねない。

TOEIC公式問題集は1から4まである?が、まー、2冊もやればこつはつかめる。900目指すなら、下の6冊がんばろう。



1冊に3回の試験とまったく同じ形式の問題が載ってるから、2冊買って、2回くらいは、本番だと思ってやってみるとよし。

おそらく本番よりも若干難しく作られているから、スコアを計算して800だとすると、本番だと800超えると思われる。

ちなみに筆者は数年前に受けたが、940点?くらいでした。

リスニングは、480くらいだっと思う。ほぼ満点だが、正答数はたぶん、95/100くらいか?5問もミスして、480とれる。それがTOEICのリスニング。

リスニングは簡単にスコアが伸びる。たぶん偏差値と同じ理屈で、正答数90を越えたあたりから、スコアが急激に上がる。

次にリーディング。

文法、長文読解がメインなわけだけど、文法については、こつこつやるしかない。

高校で英語をまじめにやってれば、文法は得点源だと思う。

ただ、ひっかけ的な問題もあるから、問題集を一冊かって何度も解くべし。

長文読解は、非常に簡単な文章ばかりだ。よく言われているのは、時間が足りない。時間があれば、すべて解ける。

筆者の場合は、時間は問題ではい。だいたい10分以上は毎回余る。

文章を読む速度が人によって違うわけだが、ポイントは以下。

まず、設問を読む。

そして、文章を読む。このとき、設問で問われているポイントを常に意識する。設問を読めば、何の話かはだいたいわかっているわずだ。

といっても人間の脳はすぐに忘れてしまう仕組みになっているので、何度も設問と選択肢を確認しよう。

ここで重要なのは、すぐに正答を決めないこと。最後まで読んでから、マークしよう。

たまーに、最後まで読まないと回答できない問題もある。

この方法で、TOEIC公式問題集を何度もやりこなそう。

同じ問題をやることに意味がないと感じる人もいるだろうが、意味はかなりある。

逆にいろんな問題集に手を出して、たくさん問題を解いても、繰り返さないと意味がない。

人は忘れるからだ。

リーディングはスコアが伸びにくい。

正答数が、90/100でも、たぶん400前後のスコアだろう。

95/100でやっと、450-460だろうか。

リスニングと比べると、効率が悪いが、逆に言うと、1問1問が非常に大事だ。900点以上を目指すには、5問ミスがぎりぎりだろう。

就職活動、転職の際に、必ずといっていいほどTOEICスコアを記入することになる。

TOEICがすべてではないが、高いスコアにこしたことはないだろう。

健闘を祈る。

関連記事
22 : 15 : 38 | 英語、TOEIC | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<JR東日本、西日本の年収、給料、業務内容について | ホーム | 当ブログ『投資日記』の人気記事10選>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/46-c6cb00d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。