スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

無能な管理職の皆様へ。若手社員が飲み会に参加しない理由。

2チャンネルなどの掲示板で話題の「付き合いの悪い若手社員達」。

飲み会では役員を末席に座らせたり、取引先送迎ではさっさと後部座席座る。飲みに誘えば「何で付き合わないといけないんですか」と口答えするらしい。

筆者は米国で働いているおかげで、上司との不毛な飲み会などは皆無だ。

ただ、日系金融機関に在籍していたときは、何度も飲み会の幹事役をやらされたものだ。

70年代生まれの筆者世代であればまだなんとか理不尽な上司の説教にも耳を貸したものだが、最近の若手社員は耐えられないようだ。

不況の昨今であっても、新卒の離職率は変わっていないようだ。仕事があるだけましだが。

中卒、高卒、大卒の若者が入社後3年以内に離職する割合は、おおむね7割、5割、3割前後で推移している。(いわゆる「七五三」)

インターネットではゆとり教育のせいだという議論が見られるが、筆者はそれには異を唱えたい。

世相を反映している、それだけのこと。

つまり、日本経済の衰退と、日系企業の凋落が背景にあるわけだ。

筆者が飲み会の幹事をせっせとやっていたときに考えたことは、さっさとこんな会社はバイバイして、外資系でがっつり稼ごうということ。

つまり、何かのインセンティブがないと人は動かないということ。

米国のような徹底した成果主義をとる必要性はないが、何もメリットがないことを誰もやらないのは、生物学的な根本的問題だ。

戦後から高度経済成長期、バブル期まで、日本企業の賃金は上がり続けた。

団塊の世代の初任給は1万2千円だ。もちろんインフレもあるが、彼らの給料は毎月、毎年上げり続けたのだ。

それに比べて今の若手社員の給与水準は下がり続けている。上司の説教を我慢して多少昇進したところで、給与はほとんど上がらない。それが若手社員の直面している日系企業の真実だ。

アメリカでは、給与が上がらなければ、他を探す。労働市場が非常に効率的で、転職が容易だ。

日本の転職市場は超硬直的で、新卒プレミアムがなくなれば、その後はただの人、どこも簡単には採用してくれないのだ。

若手社員は八方塞がりであり、やる気もなければ、夢もない。ゆとり教育がどうこうではなくて、日本社会が彼らをそうさせたのだ。

管理職の皆さんに知っていただきたいのは、以下です。



能無し管理職の皆様へ

上司の仕事は部下を飲み会やゴルフに誘うことではありません。

部下の給料を上げてやることです。

アメリカや一部の成功している日系企業ではそれが常識です。

上司という立場にあって部下の何倍もの給料もあなたが貰えるのは、ただ年を食っているからではないのです。

部下よりも大きな権限、経験、責任を持っているのですから、それを最大限利用して、あなたの部門の成果、パフォーマンスを上げて、部下達の給料をあげてやることです。

それが出来る上司の元には、部下が集まってきます。

たとえ、どれだけ性格の悪い、酒癖の悪い上司であっても部下はついてきます。

もちろん、給料やらボーナスが増えることを期待してという側面もありますが、仕事が出来る上司だという尊敬の側面もあるでしょう。

飲み会やゴルフに誘って断られるなら、あなたはだれからも上司だと思われていないのです。使えない上司と思われているわけです。

もう少し成長しないと、あなたがゆとりと揶揄する世代が管理職になったとき、あなたは即刻リストラの対象となるでしょう。

関連記事
05 : 35 : 31 | その他色々 | トラックバック:(1) | コメント:(4) | page top↑
<<海外移住を考えてみる①マレーシア-不動産投資も含めて | ホーム | トヨタも倒産への道を歩んでいるのかもしれない。>>
コメント:
お金にこだわる人には幸福は来ない
日本の企業は、ダメで。アメリカの企業がいい。
そんな結論に受け取らせていただきました。
しかし、本当にそうでしょうか。
アメリカ人は、みんな幸せでしょうか?
日本人は、みんな不幸でしょうか?
出発点が、間違っていると思いますよ。
あなたは、お金にこだわっている人に見えます。
お金ってそんなに重要でしょうか?
極論を言えば、無人島で魚釣りをして生きる方法もあります。
お金を出発点として考える限り、視野が狭い結論になってしまう。と、俺は思いました。
by: 50歳、個人投資家 * 2012/10/15 04:17 * URL [ 編集] | page top↑
Re:お金にこだわる人には幸福は来ない
>お金ってそんなに重要でしょうか?
といいつつ極論として無人島生活(≒コストのかからない生活)をあげている時点で、あなたの論点も「お金」の枠から出ていないのでは?

それと、
>日本の企業は、ダメで。アメリカの企業がいい。
このエントリを読んでどう解釈すればこの結論に達するのか、理解に苦しみます。HN通り50歳なのであればなおさら。
by: dai * 2012/10/16 19:19 * URL [ 編集] | page top↑
雇われる立場から
初めまして。会社の事で少し悩みがあり、色々と検索していたところ、コチラに辿り着きました。
確かに仰る通りだと思います。
僕は学歴が無い(短大卒資格)為、一つの会社に骨を埋める事を躊躇い、日々仕事上での
自分の技術を上げる事だけに集中して生きてきました。仕事が出来る様になれば自然と
同じ業界の方から「イイ条件出すからウチに
来ないか?」といった声を掛けて頂く事が
多くなりその結果、転職転職を繰り返してきました。
20歳で社会人となり現在40歳、20年の間で
5つの会社を移った事になります。

しかし、多くの方から「そのやり方は間違っている」と指摘され続けています。
家族からも同意を得られない時期がありました。単純にステップアップの為の転職では無かった事もあります。上司との人間関係が転職の理由であった時もありました。
よく「辛抱強くない」との言葉を頂く事が多いのですが、僕はそんな事一切考えてません。家族を養っていようがいまいが、自分自身が豊かな生活を送りたいから、そういった
行動をとっている訳であって、他人の発言は
何の責任も重さも無いと思っているからです。
恐らく自分が今以上に評価される場所があるならば、このまま転職を繰り返していると思います。

会社に残っている同僚連中が必ず言う言葉があります。「そろそろ腰を据えたらどうか?」
「辛抱する事が出来ないと人間的に成長できないゾ!」「転職先が倒産したらどうするんだ?」そんな言葉ばかりです。

腰を据えるって、どういう意味なの?

辛抱して、その先何があるの?

倒産する様な会社に転職するつもりなんて
最初から無いし。

会社の集まりで飲んでくだ蒔いて、明日はスッキリ?
それが一番耐えられなくて大嫌いです。何の反省も発展性も無いです。

世代的に僕自身が「ゆとり世代」なのか
よく分かりませんけれど、
辛抱するなら勉強が嫌いな自分自身を
辛抱して前に進むほうが、よっぽど実のある辛抱だと思います(笑)

使われる立場から、人を使う立場になっていく時に必要なモノ?
この部分で悩んでおります。自然とそうなってゆくのか?
資質が備わって初めてそうなるのか?
まだその段階ではないのか?
そろそろ次のステップアップの時期かな?と考えてます。




長文、乱文失礼しました。
by: 遊びたい働き盛り * 2012/11/15 15:35 * URL [ 編集] | page top↑
ここの意見に脊髄反射的な反論をしてしまうのは「無能な管理職」か「自己陶酔している奴隷」のどっちかだろうねぇ。
by: * 2014/01/15 18:44 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/414-43f786a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック http://trackback.blogsys.jp/livedoor/istart/51428176 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hara07230210/50885830 http://blogs.yahoo.co.jp/happy_cocos_coco/trackback/453151/5147510 http://disqus.com/forums/cobsonline/cobs_91/tra... ラブリーベルの「いいものみつけた!」[2013/03/20 21:17]
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。