スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

うざい上司に悩まれている新入社員へ贈る言葉

以前、会社を辞めたいと考えている新入社員へ贈る言葉という記事を書いてそれなりのアクセス数があったわけですが、会社を辞めたいと考えている新入社員さん達は、その後会社を辞めたのでしょうか?

当ブログを見て、会社を辞めることを思いとどまった方がいれば、感謝の気持ちをコメントにいただければ筆者の労も報われます。

仮に会社を辞めた方は、今頃新しいマッタリな職場で働いているのでしょうか?

結局どこにいっても、辞めたいと思う日々が続いてるのではないでしょうか?

そこで、2チャンネルで面白いスレがあったので、紹介させていただきます。

スレタイトル:入社一年目の俺が言われた言葉

以下は2チャンネラー達からのコメントです。
ある程度社会人経験が長くなると、言われたことがあるフレーズや言ったことがあるフレーズも多いでしょう。

「プライドだけは高いよね」
「ところでさっきから書類と睨めっこしてるけど進んでるの?」
「わからない事があったら俺に聞いてって言ったよね?それなのに何で?」
「この資料誤字が多すぎる。ちゃんと見直したのか」
「何回も同じこと言わすなよ」
「メモ取らないってことはお前わかってるんだろうな?」
「もういい。俺がやるから他の事してろ。」
「頭使えよ」
「言いたいことが解らない」
「何でも他人のせいにするな」

筆者も入社1年目は日系で働いていたこともあり、上のようなお叱りを受けては、上司をいつか殴ってやろうと考えていたものです。

今入社1年目の方の多くも、これに似た罵声を浴びせられていることと思います。

そして、会社のトイレで泣いてしまったり、家に帰っても上司のことが頭から離れなくなったりしていることでしょう。たまーに、女性の場合、デスクで泣いてしまうこともありますが。

こうした罵声を浴びせられて、怒りや凹みが込み上げてきて、どうしようもないときは、以下の2パターンの行動を取ることをお薦めします。

1つめは、完全に上司の頭がおかしいという前提に立って、素直な振りをして、自分の非を認めた振りをして、行動を正した振りをします。多くの若手は上司には基本的に従順に振舞っているはずです。これが出来ればこの先もやっていけます。入社3年目ごろには、こうした”振り”をすることが至極普通となって、自然と体が反応するようになります。こうなれば、貴方はもう立派なサラリーマンです。上司の犬となり、大きなストレスなくやっていけるようになります。会社を辞めたいと考えている新入社員へ贈る言葉で書いた、いわゆる”心を無にする能力”です。

2つめは、上司を潰しましょう。これは馬鹿げているように思いますが、上司も人間です。弱い人間なのです。筆者の経験では、吠える上司ほど、吠えられると弱いです。負け犬の遠吠えという言葉があるように、本当に出来る上司は、吠えなくても部下がなついてきますし、部下が進んで仕事するように上手く誘導するものです。口の悪い、タチの悪い上司に巡りあってしまったら、1つめが実行できない方は、もう上司にいなくなってもらうしかないです。よく、鬱病で会社を休む、辞める人がいるわけですが、それはその人の人生を狂わします。鬱病というレッテルを貼られると、その会社ではおそらく出世は見込めません。平社員で終わる人生が精一杯です。そうなるくらいなら、上司にそうなってもらいましょう。方法は簡単です。上司の弱いところを探してください。なにかしらあると思います。ある特定分野であればあなたの方が知識や洞察力で勝るものがあるでしょう。その分野では徹底的に上司にキツイ言葉を浴びせましょう。あなたが体力に自信があるなら、飲み会でやや暴力的になってもいいでしょう。びびらせましょう。反抗してこないと思っているから上司は非人道的な行為をとるものです。

大方の人は1つめでなんとかやっていけるものですが、無理なら2つめです。自分の人生が一番大事です。鬱病とか会社を辞めるとか人生を狂わす行動を取るくらいなら、自分を守るために相手を攻撃する、それが賢明でしょう。
関連記事
06 : 55 : 50 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<気ままにYouTubeで日本のドラマ、映画、バラエティ番組が無料で見放題 | ホーム | ニューヨークエンパイア・ステートビルで発砲事件:2人が死亡>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/353-28c0ee4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

参考サイト

楽天市場

Category

相場見通し (0)
ファイナンス理論 (14)
筆者推薦ブログ (3)
英語、TOEIC (8)
就活、転職、企業年収 (40)
グルメ・旅行 (3)
大学受験 (14)
その他色々 (138)
映画、ドラマ、書籍 (25)
中国関連 (4)

サイト内検索

カスタム検索

Latest journals

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。