スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

楽天・三木谷社長がKobo騒動を語る



「細かいことで騒いでいるのは少数派ですよ 」

楽天・三木谷社長、Kobo騒動を語る。

7月19日に電子書籍端末「kobo touch(コボタッチ)」を発売した楽天。7980円と破格の価格を設定し、 テレビCMを含む大々的なプロモーションを展開した。しかし、初日から「初期設定ができない」 「アプリケーションが動かない」「英語と日本語の書籍が混じっている」など、 様々な苦情が殺到。同社は急遽、サポート人員を増強し、対応時間を24時間に拡大するなど、 事態の収拾に追われた。 「読書革命」を謳い、成功を疑わなかった楽天の三木谷浩史会長兼社長は今、何を想うのか。 単独インタビューで語った。

――色々トラブルが起きましたが現状は。

三木谷:いや、いいですよ。初期設定の問題で細かいトラブルはあったけど、 2日以内に解消できたし、コールセンターも24時間対応にしたし。アクティベーション (利用できる状況にセットアップすること)した人が購入者全体の95%を超えていますからね。そして、何よりコンテンツが売れまくっている。出版社の人に聞いてみたほうがいいですよ。 僕は出版社の驚きように驚いている状況です(笑)。販売台数は10万台弱程度で、年内目標は100万台。だいたいそこまでいけそうです。やはりユーザーインタフェースがいいんですよね。直感的にできるし、変なボタンもないし、分かりやすいし。評判が非常にいいんです。


タブレットに関する過去の記事はこちら。
アップルvsグーグルvsマイクロソフト
マイクロソフトがタブレット「Surface(サーフェス)」発表
タブレット戦国時代へ突入:グーグルが参入

Koboが売れるわけないよね。
安いから売れる時代はもう終わっていて、製品の性能とユーザーイクスペリエンスが重要なわけで。

ハーバード卒の三木谷社長がこれじゃ日本企業の先が思いやられる。

タブレットなんて、世界の本当のトップ企業しか参入しては駄目。

アップル、グーグル、マイクロソフト、アマゾン、サムスンだからね。

Koboっていうネーミングもいけてないし、勝てる要素がない。

楽天も将来が不安だわ。
関連記事
13 : 20 : 18 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<今後5年以内に破綻する日系大企業(大和證券、ソニー、パナソニック、シャープ) | ホーム | 【大津・いじめ】そんなんどうでもいいから。君が我慢すれば丸く収まるから>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/281-a15a7a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。