スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

今週後半の相場予想:EU会議、日銀会合

週前半は筆者の予想通り、相場は反発。

この反発は、これまで下げ過ぎていた反動。豪ドルのRSIは30を下回る水準。

反発がいつまで続くかだけど、材料はEU会議と日銀の追加緩和があるかないか。

EU会議は、「雇用と成長」促進策について議論する予定。

実際にはオランド仏大統領が提唱するユーロ圏共同債の是非が議論の中心となりそう。

マーケットは、ユーロ共同債が発行されるとは思っていないし、今回の会議に対する期待は低い。

ドイツからすれば、ユーロ共同債の発行は間接的に弱小国をドイツ国民の税金で助けることであって、現実味はないだろう。

また、日銀は今のところ追加緩和は無い見込み。

ドル円が80円付近だと、あまり緩和するインセンティブはないだろう。

総括すると、どちらのイベントもサプライズなし、相場への影響はほとんどないだろう。

今日の米国株式相場から言えるのは、今回の反発局面はもう終わっている可能性が高いと言うこと。

引け前の1時間で米株急落して、前日比フラットで終わると言う後味が悪い終わり方であったため。

ここから大きく下げることも想定していないけれども、下落トレンドが続いていることは事実。

一旦ニュートラルにするのが無難かと言うところ。
関連記事
11 : 24 : 17 | その他色々 | トラックバック:(1) | コメント:(0) | page top↑
<<マーク・ザッカーバーグの言葉は日本の若者へ向けたメッセージ | ホーム | 日銀政策決定会合はノーサプライズ予想だけれども>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/228-256357d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
週前半は筆者の予想通り、相場は反発。この反発は、これまで下げ過ぎていた反動。豪ドルのRSIは30を下回る水準。反発がいつまで続くかだけど、材料はEU会議と日銀の追加緩和... まとめwoネタ速neo[2012/05/24 06:17]
| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

参考サイト

楽天市場

Category

相場見通し (0)
ファイナンス理論 (14)
筆者推薦ブログ (3)
英語、TOEIC (8)
就活、転職、企業年収 (40)
グルメ・旅行 (3)
大学受験 (14)
その他色々 (138)
映画、ドラマ、書籍 (25)
中国関連 (4)

サイト内検索

カスタム検索

Latest journals

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。