スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

インターネットにおけるプライバシー問題

インターネットにおけるプライバシー問題について。

グーグルは3月1日にプライバシーポリシーを変更した。グーグル利用者はグーグル検索、YouTube、GmailなどのWeb上の行動を追跡されているが、それに合った広告や検索結果が表示されるようになる。これはある意味、利用者の利便性を上げる効果があるので、問題ないように思うが、一方で、これは大きな不安を呼んでいる。

ある情報ソースによると、過半数の利用者が今後アカウントを削除すると回答。しかし、グーグルを利用せずにインターネットを快適に使えるだろうか?筆者はグーグルのソフトウェアは世界一だと思う。ヤフーやらマイクロソフトと比較しても利便性や創造性の面でずば抜けている。

プライバシーの問題があるといわれるが、web上のトラフィックをグーグルが追跡できることで、具体的にどういった問題が生じるのだろうか?利用者とグーグル以外の第3者にweb上の行動がもれてしまうなら問題だが、仮に漏れたとしても筆者には大きな問題には思えないのだ。

例えば、ある消費者がスーパーに買い物に行ったとしよう。そこで買い物をしている他の客が、その消費者が何を買ったのかは自然と目に入ってしまう。エロビデオを借りるところを知り合いに見られて、プライバシーを侵害されたとレンタルビデオ屋を訴えることが出来るだろうか?

インターネットとなった瞬間にプライバシーの問題が騒がれるが、日常生活の方がプライバシーがないのだ。
関連記事
05 : 04 : 25 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<外資系金融マンはもてるのか? | ホーム | ライフネット生命の出口治明社長は幸せ者だ。>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/185-11baf944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

参考サイト

楽天市場

Category

相場見通し (0)
ファイナンス理論 (14)
筆者推薦ブログ (3)
英語、TOEIC (8)
就活、転職、企業年収 (40)
グルメ・旅行 (3)
大学受験 (14)
その他色々 (138)
映画、ドラマ、書籍 (25)
中国関連 (4)

サイト内検索

カスタム検索

Latest journals

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。