スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

株式アナリストの一日

今日は株式アナリストの一日。バイサイドね。

バイサイドアナリストの朝は早い。

7時には出社して、担当セクター、銘柄のニュースや決算発表をチェック。

日本株だと9時から相場がオープンするわけだが、それまでに重要な情報をファンドマネジャーに連携しないといけないのだ。

相場がオープンしてからは、担当銘柄の動きや日中に発表される決算やらニュースをチェック。

もちろん、担当銘柄へ会社訪問して、経営者やIRと業績や見通しについて取材する。

そこで得られた情報をファンドマネジャーに伝え、場合によっては業績モデルを作成し、目標株価を算出。

また、定性情報を含めて、レポートを作成し、ファンドマネジャーとその銘柄が買いか売りかを議論するのだ。

帰宅は人によってまちまちだが、基本は7時から9時の間だろうか。もちろん、担当銘柄のパフォーマンスが悪化していれば、夜な夜な残業することもある。

最も忙しい時期は、決算発表だ。四半期ごとに発表される決算書類に目を通し、担当銘柄の業績に変化がないかを確認し、それに基づいて売買を推奨するのだ。時には1日で10%近い下落に見舞われることもあるだろう。そうした時には、ファンドマネジャーからの厳しい詰問にあうだろう。

筆者は幾人ものアナリストが他部署へ飛ばされたり、クビになるのを見てきた。非常に厳しい職業だ。アナリストに必要な能力は、もちろん株価を予測し的中させることだが、それ以上に大事なのは、ファンドマネジャーからの質問攻めに合ったときに、自分の意見を突き通し、時には上手く言い訳をする能力ではないだろうか。業績予測が当たるアナリストだけが業界に残るわけではない。まったく推奨が当らないが、やたら言い訳が上手いアナリストを何人も見てきた。特に日系企業では使えない口だけアナリストが山ほど蔓延っている。もちろん、筆者は業績予測に優れたアナリストしか評価しないが。
関連記事
07 : 13 : 01 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<男の子と女の子どっちが欲しいですか? | ホーム | 野村證券の年収、業務について>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/163-2b10ea3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。