スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

野村證券の年収、業務について

野村證券は日本最大の証券会社。

日本経済のバブル期には、世界でも3本の指に入る証券会社だったのだ。それが今は世界的に見ると10本の指に入るかどうかのポジションだ。といっても、日本では圧倒的な営業力を背景に、2位の大和証券とは格の違いを見せ付けているのだ。

彼らの仕事はいたってシンプルだ。個人投資家、機関投資家に株を売買してもらって手数料を得るのがメイン業務だ。もちろんM&A助言、株式、債券の引受業務などもあるが、野村證券の圧倒的プレゼンスは、リテール分野にある。個人投資家に馬鹿高い手数料で、株式や投信を売りつけるのだ。リテール部門は大幅な黒字で稼ぎ頭だ。一方でホールセール業務は、日本企業が衰退して行く中で、海外で稼ぐしかないわけだが、海外で野村のプレゼンスは以前ほどではないのだ。米系、欧州系の投資銀行を初めとして、近年はアジア系証券、銀行と伍していかないといけないのだ。

ただ、本題の給料水準は金融機関でトップクラスだ。
30歳で一本(1千万円)、40歳支店長で2500万程度だ。ボーナス込みで。
野村證券が他社と大きく違うのは、成果によって年収に大きく差がつくのだ。入社10年目までのいわゆる若手であっても同期で100万、200万の年収格差があるのだ。10年目以降は、出世するか否かで年収に雲泥の差がある。他の金融機関と比較すると、入社後の競争が非常に重要になってくることが分かるだろう。銀行、生命保険、損害保険は同期間の差は少なく、ほぼ一律給与水準が上がっていく。どちらがいいのかは一概に言えないが、世の証券マンがエネルギッシュでバイタリティ溢れるのも成果給が大きいからなのだ。

関連記事
06 : 39 : 30 | 就活、転職、企業年収 | トラックバック:(1) | コメント:(0) | page top↑
<<株式アナリストの一日 | ホーム | 外国人女性と付き合いたい人へ>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/156-cd281288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
野村證券は日本最大の証券会社。日本経済のバブル期には、世界でも3本の指に入る証券会社だったのだ。そると10本の指に入るかどうかのポジションだ。といっても、日本では圧倒的な営... まとめwoネタ速suru[2012/04/09 06:56]
| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

参考サイト

楽天市場

Category

相場見通し (0)
ファイナンス理論 (14)
筆者推薦ブログ (3)
英語、TOEIC (8)
就活、転職、企業年収 (40)
グルメ・旅行 (3)
大学受験 (14)
その他色々 (138)
映画、ドラマ、書籍 (25)
中国関連 (4)

サイト内検索

カスタム検索

Latest journals

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。