スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

外資系金融機関への転職

筆者は日系金融機関から外資系金融機関へと職場を変えたが、転職活動は全くしていない。よく巷では転職活動を始めたという話を聞くが、外資系金融機関に限って言えば転職活動は行ってはならない。外資系金融機関からオファーを貰えるレベルまでスキルなり実績を積むべきだ。外資系金融機関はお金を稼げる人が欲しいだけだ。お金を稼げると外資系金融機関から思われれば、黙っていても話は舞い込んでくる。いわゆるヘッドハンターは筆者のような高給な人間を転職させると、筆者の年収の何割かを紹介料として受け取るのだ。彼らもまた、金を稼げる人間に群がってくる。つまり日系金融機関で評価、実績のある人間は自然とオファーが舞い込むのだ。外資系に憧れて、自らアプライしてもまず採用されないだろう。採用されたとしても買い叩かれるのがオチだ。外資系金融機関は買い叩くのが得意だ。まずは今の仕事を頑張るべきだ。転職するタイミングは複数からオファーが舞い込んできた時だ。自ら安売りしてはならないのである。
関連記事
08 : 42 : 26 | 就活、転職、企業年収 | トラックバック:(0) | コメント:(1) | page top↑
<<人のセックスを笑うな:山崎ナオコーラの文章力 | ホーム | 米国マクロ経済指標を理解するのに一番いい本>>
コメント:
うーん、外資
実は私も昔外資企業に勤めていたのですが年収2000万~3000万でサラリーマンなので最高税率取られつつ自分のこと「高給」なんて言ってよいのですか?貯金なんて年1000万いかず、一億の資産築くのに10年以上もかかるのですよね?
by: 会社経営 * 2013/01/25 04:22 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/135-e280b48b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。