スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

少女時代から見る国力の移り変わり

筆者は日本を離れて数年経つせいか、日本の文化に若干ついていけてないと感じることがままある。特に音楽については非常にトレンドの変化が激しく、つい2、3年前に売れていた歌手が姿を消し、ニューフェイスがお茶の間を席巻しているのである。

先週末はたまたま時間があったため、ユーチューブで売れてる歌手のPVを見ることにした。あまり知らない名前がほとんどだが、そこに現れたのが少女時代だった。モーニング娘のパクリかと違う動画に移ろうとしたが、筆者はわずか5分ばかりのPVではあるものの、最後まで見てしまった。AKBが売れているのは知っていたが、彼女たちのPVを黙って見れるほど筆者は優しくない。くだらない動画に時間を費やすのは苦手だ。ただ、少女時代は違った。日本のアイドルグループを模していることは確かであるものの、何かが違うのだ。

その違う何かについて、具体的に言葉に出来るまでには時間がかかった。過去、モーニング娘、AKB、SPEEDなど女性ユニットはいくつも見てきたが、少女時代がそれらのグループと違うのは、彼女達は韓国人だということだ。そんなのは当たり前だと言われるかもしれない。ただ、それしか違いを見出せないのだ。韓国人のアイドルグループだという理由で筆者の貴重な5分を彼女達のPVに使ったのだ。

もちろん、少女時代のメンバーが魅力的だということも考えられる。ただ、これまで幾度となく韓国人アイドルグループが日本に参入してきたが、大成功には至らなかったのは事実だ。なぜ少女時代が成功したのか?筆者には少女時代の成功の裏には、日本人の韓国人に対する偏見の減退があるものと考える。韓国併合からは1世紀以上の時が流れ、現在の韓国経済は日本よりも元気がある。日本の十八番であった半導体産業のエルピーダメモリーは韓国の半導体大手のハイニックスに買われようとしている。筆者はかれこれ30年以上地球という星に生きてきたわけであるが、たった30年強でも様々なことが起こった。韓国が日本と対等或は日本を越えるといったことも当然ありうるのだ。筆者はニューヨークで仕事をしているが、韓国人と間違われることもしばしばあるわけだ。そうした経験から、昔ほど韓国人を下に見る意識はなくなっているのかもしれない。少女時代を見て、キムチ臭い売春婦が踊っているとは思わないのだ。白人を見るとある種のコンプレックスを感じるように、韓国人や中国人をみてコンプレックスを感じる時代が来るのかもしれない。
関連記事
05 : 31 : 14 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<中学生、高校生はドラゴン桜を見ろ! | ホーム | 消費税増税は大歓迎>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/127-92cc7456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。