スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ニューヨークの日本人恋愛事情

筆者はかれこれニューヨークに来て数年になる。独身ということもありニューヨークでの恋愛事情にも精通してきたので、ニューヨーク在住日本人の恋愛事情について考察したい。

まず、ニューヨーク在住日本人を以下のグループに整理しよう。

①ニューヨーク生まれ、いわゆるジャパニーズアメリカン
②ニューヨーク駐在員とその家族(日系企業に就職、ニューヨーク駐在の辞令で滞在)
③留学生、語学学校生(大学、大学院、語学学校に通うため滞在)
④フリーター(夢を追いかけニューヨークまで。歌手、ダンサーなど。大半が諦めて不法滞在フリーター)

①のジャパニーズアメリカンは非常にまともな人間が多い。英語はネイティブ、日本語もほぼネイティブ。いわゆる外資系企業で普通にそれなりのポストで働いている人が多い。恋愛事情も非常にハイクラスだ。米系投資銀行の白人の彼や弁護士、医師など、ハイクラスの男性、女性と交際しているケースが多いように思う。彼らは日本人として白人社会のアメリカでやってきたわけで、白人がアジア人を下に見ていることなど百も承知だ。彼らは知らず知らずのうちに、白人社会で生きるための術(学歴や資格など)を身に付けており、それなりにいい恋愛をしているケースが多い。

②の駐在員は大半が既婚だ。独身駐在員は駐在員のうち1割に満たないだろう。彼らの恋愛、不倫事情はいたってシンプルだ。ニューヨークのミッドタウンイーストには、いわゆるピアノバーというキャバクラが多数軒を連ねている。そこでは③の留学生や語学学校生がお金に困窮しキャバクラ嬢としてアルバイトをしているのだ。彼女達は日本での水商売経験はほとんどなくど素人だ。これはどうゆうことかというと、駐在員にとって非常に落としやすいわけだ。六本木や新宿で実現できなかったキャバクラ嬢との一晩がいとも容易く実現できるのである。既婚駐在員含めて、週末はピアノバーで恋愛をしているのだ。

③、④の留学生、語学学校生、フリーターの大半は女性だ。ニューヨークの男女比率は非常にいびつで、7-8割を女性が占める。これは日本人のケースでも同様で、筆者の経験では語学学校に通う女性が大半だ。語学学校で英語を身につけただけの何のスキルもない男性など、日系企業ですら価値がないのが実情だ。語学留学など女性しか社会から許容されないわけだ。彼女達の恋愛事情は実に切ない。駐在員との恋愛、不倫に嵌り、英語を学びに来たのに英語が上達しない人が大半だ。ニューヨークに来た当初は白人男性と交際し、英語を学び、そのまま国際結婚などを夢見るわけだが、現実はそう甘くは無い。優秀なハイクラスの白人男性は、イエローキャブと呼ばれるすぐに股を開く日本人女性と結婚する気などさらさらなく、いっかいやったら捨てられるケースが大半だ。英語もろくに出来ないイエローモンキーと交際するというのは、日本人男性が日本語の出来ないフィリピン人女性と交際するようなものだ。所詮はやりたいだけなのである。こうして白人男性が白馬の王子様でもなんでもないと悟った彼女達は、日本人男性の良さに気づくのだ。ただ、駐在員達の大半は既婚であり、数少ない独身駐在員に群がるわけだ。しかし、独身駐在員はいづれ日本に帰ることがきまっている。彼らの任期はだいたい3年だ。彼らはニューヨークでくすぶっている語学留学生と結婚する気などないわけだ。また、駐在で来ているのだから、日系大企業でそれなりに評価されているのだろう。日本に帰ればもっとましな女がいると分かっている。彼女達は、日本人からも真剣に相手にはしてもらえないのだ。

以上をまとめると、ジャパニーズアメリカンの恋愛事情はいたって普通、駐在員は馬鹿な留学生とやりたいだけ、留学生、語学学校生、フリーターは白人からも日本人からも真剣に相手にされない、ということになるわけです。
関連記事
23 : 04 : 57 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(3) | page top↑
<<日本企業の英語公用語化 | ホーム | 消費しない若者とその訳と日本の今後>>
コメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2012/07/14 01:41 * [ 編集] | page top↑
こればっかりは、今も昔も変わっていないものですね。
by: WD * 2012/08/13 08:47 * URL [ 編集] | page top↑
全くの同感ですね。アジア人が恋愛するにはヨーロッパの方がアメリカより全然良いです。私はヨーロッパにも10年近く暮らしていましたが、ヨーロッパでは、マイノリティーの日本人であることで逆に沢山の美しい白人女性とお付き合いできました。異文化や異国に対する興味から友人になってくれて、恋愛(もしくは体の関係)に発展するケースがヨーロッパではとても多かったですが、アメリカではそんな白人美女はレアです。アジア人ということに興味を持つアメリカの白人女性はブスのオタクばっかりです。ヨーロッパの大都市では、”違う”ことがうけるのに対して、アメリカでは大都市でさえ、白人社会にfit inしてないアジア人は下に見られます。社会人に限らず、高校、大学でもそうです。ヨーロッパの学校では、ハンサムなアジア人はよくモテますが、アメリカの学校では、ハンサムでもアジア人だとあまりモテません。
by: * 2012/08/13 15:16 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/121-27806584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。