スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

アメリカのウェイター、ウェイトレスは高所得者

日本から出たことがない人は、飲食業はいわゆる3K(きつい、きたない、きけん)っていうイメージが強いだろう。ただ、アメリカのウェイター、ウェイトレスはかなり稼いでいる。筆者の友人の中には、一晩で500ドル稼ぐきれいな金髪のオネーちゃんもいるのである。

日本とアメリカで本質的に違うのは、以下の2点だろう。
1点目は、ウェイター、ウェイトレスと言えどもオーナー側と契約関係にあり、それぞれのミッションが明記される。よく言われるのが、アメリカのウェイター、ウェイトレスは、自分が担当のテーブル以外は全く仕事をしないのだ。担当でないテーブルの客が何か注文しても、彼らは注文をとらない。担当のウェイターやウェイトレスを呼ぶだけだ。これは客からしたら不便極まりないのだが、彼らは契約に則って行動しただけで責められる言われはないのだ。

2点目は、彼らは固定給ではないということだ。ケースバイケースだが、最低賃金の固定給+チップという給与体系をとるレストランが多い。つまり10ドル未満の時間給以外は、客を喜ばして稼ぐというのがアメリカのスタイルだ。アメリカのレストランに行ってみれば分かる。ウェイター、ウェイトレスはまず始めに自己紹介することが多い。次回の来店を見越して客に覚えてもらうためだ。また、客とのコミュニケーションが非常に上手だ。お酒の好みも聞いてくるし、どんな料理かも非常に詳しい。彼らは高いものを注文させて、チップを稼ごうとしているわけだ。ウェイター、ウェイトレスにはたくさん注文させようというインセンティブがあるのだ。一方で日本の飲食店はどうだろうか。固定給で死ぬほど働かされて、注文を運んでいる間でさえ、他の客から呼び止められる。そりゃ自殺したり鬱になるよね。その分日本の飲食店はサービスがいいわけだけど。
関連記事
03 : 25 : 03 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<アップルvsグーグルvsマイクロソフト | ホーム | ハイニックスがエルピーダ買収?日系企業の衰退>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/118-32a96e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。