スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

バイサイドアナリストの存在意義

筆者はファンドマネジャーという職業に従事しているが、株式アナリストとは切っても切れない関係だ。

セルサイド(証券会社)、バイサイド(運用会社、保険会社、信託銀行など)があるが、どちらにもアナリストというポジションがあるのだ。アナリストが何をしているのかというと、上場している銘柄のいくつかを担当し、分析し、投資判断を下すのだ。

セルサイドの場合は、お客さんであるバイサイドのファンドマネジャーやアナリストに自分の投資判断を説明するのが仕事だ。報酬を生み出さない仕事であるが、バイサイドがその証券会社に発注という形で手数料を落とす。セルサイドアナリストはバイサイドに情報提供をしフィーという形で収益に貢献する。バイサイドではセルサイドの評価を定期的に行っており、セルサイドをランク付けする。ここで勘のするどい読者は気づいただろうが、セルサイドは投資判断を間違えるとバイサイドからの信頼を失い、評価が下がる。セルサイドは優秀なアナリストを獲得し良質なレポートの提供などを通じてバイサイドからの評価上げて手数料で稼ぐのだ。

一方でバイサイドアナリストは、銘柄を分析しバイサイドファンドマネジャーに投資判断を伝える仕事だ。セルサイドアナリストや分析対象の企業を訪問するなどして、投資判断をするのだが、最終的な判断はファンドマネジャーが行う。

ここで問題なのは、バイサイドアナリストの存在意義だ。セルサイドアナリストは証券会社の圧倒的な予算のもと、分析対象企業と頻繁にミーティングを行い、かなり正確な業績予想が可能だ。一方でバイサイドアナリストは、多くの場合、セルサイドアナリストが作った業績予想モデルや企業取材レポートなどを加工し、少しだけ市場のコンセンサスよりずらして、投資判断をファンドマネジャーに伝えるのだ。バイサイドアナリストは市場のコンセンサスとのズレを自分の意見として報告するわけだが、大半がセルサイドアナリストが分析したロジックをパクルわけだ。ファンドマネジャーからしたら、セルサイドアナリストから直接投資判断を聞いて、納得できれば買う、出来なければ買わないとしたほうが良いではないかというのが筆者の持論だ。

バイサイドアナリストに価値があるのか否かは、非常にセンシティブな話題だ。なぜなら運用会社がアナリストをクビにしてしまうと、運用会社のフロント部門からは人がほとんどいなくなるだろう。多くの運用会社は、親会社からの出向者を受け入れるために経営されており(野村アセット、三井住友アセット、DIAMアセット、ニッセイアセットなど全て大手金融機関の子会社)、ポストを減らすことはしないほうがいいのだ。だから、不要なバイサイドアナリストという職業が未だにあり続けるのだろう。
関連記事
02 : 41 : 38 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<ど素人が運用している厚生年金 | ホーム | シャープに対するウォールストリートジャーナルの見方>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/112-35d5dbca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。