スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

洋画『コール』シャーリーズ・セロン, ケビン・ベーコン, ダコタ・ファニング

だいぶ前の作品だけど、テレビでやってたので。



出演: シャーリーズ・セロン, ケビン・ベーコン, ダコタ・ファニング
監督: ルイス・マンドーキ

3人同時誘拐という新しいアイディアのサスペンス映画。

家族3人を別々に監禁することで、3つの場所からリアルタイムで緊迫したストーリーを描いている。

ダコタが可愛すぎるのと、シャーリーズ・セロンが綺麗すぎるところが一つの見どころ。

シャーリーズ・セロンが犯人に体を迫られるシーンが印象に残るわけだけど、この映画は犯人グループが抱えるトラウマというか過去が焦点。

お金だけが目的ならうまくいくはずなんだけど、犯人グループはお金以外に何か目的を持っている。だからこそ、犯人グループの間で意志の乱れが生じる。

久々に面白い映画を見た。シャーリーズ・セロンはなぜが魅力的。
関連記事
16 : 07 : 40 | 映画、ドラマ、書籍 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<日系金融機関は外資系金融機関よりも高給かもしれない | ホーム | 『死ぬまでに観たい映画1001本』-長期休暇のお供に。>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/1094-76640268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。