スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

洋画『コール』シャーリーズ・セロン, ケビン・ベーコン, ダコタ・ファニング

だいぶ前の作品だけど、テレビでやってたので。



出演: シャーリーズ・セロン, ケビン・ベーコン, ダコタ・ファニング
監督: ルイス・マンドーキ

3人同時誘拐という新しいアイディアのサスペンス映画。

家族3人を別々に監禁することで、3つの場所からリアルタイムで緊迫したストーリーを描いている。

ダコタが可愛すぎるのと、シャーリーズ・セロンが綺麗すぎるところが一つの見どころ。

シャーリーズ・セロンが犯人に体を迫られるシーンが印象に残るわけだけど、この映画は犯人グループが抱えるトラウマというか過去が焦点。

お金だけが目的ならうまくいくはずなんだけど、犯人グループはお金以外に何か目的を持っている。だからこそ、犯人グループの間で意志の乱れが生じる。

久々に面白い映画を見た。シャーリーズ・セロンはなぜが魅力的。
関連記事
16 : 07 : 40 | 映画、ドラマ、書籍 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<日系金融機関は外資系金融機関よりも高給かもしれない | ホーム | 『死ぬまでに観たい映画1001本』-長期休暇のお供に。>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/1094-76640268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

参考サイト

楽天市場

Category

相場見通し (0)
ファイナンス理論 (14)
筆者推薦ブログ (3)
英語、TOEIC (8)
就活、転職、企業年収 (40)
グルメ・旅行 (3)
大学受験 (14)
その他色々 (138)
映画、ドラマ、書籍 (25)
中国関連 (4)

サイト内検索

カスタム検索

Latest journals

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。