スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

楽天が生命保険事業に本格参入。必ず儲かる生命保険は最後の聖域。

楽天が生命保険事業に本格参入。このニュースを見て、日本の伝統的な保険会社(日本生命、第一生命、住友生命、明治安田生命、三井生命、富国生命など)の経営陣は何を考えただろうか。

アイリオ生命保険は4月1日、商号を「楽天生命保険株式会社」(楽天生命)に変更。楽天は3月27日付で、アイリオ生命保険の発行済株式数の100%を取得し、完全子会社化。

楽天は2007年1月より、子会社を通して生命保険募集業務を開始、2009年4月からは、アイリオ生命の保険商品の販売を開始。今回新たに「楽天生命」としてスタート。全国約7,000店の代理店とインターネットを活用し、新しい保険商品やサービスの開発・提供に注力するとのこと。

楽天生命では、4月1日よりインターネットでの生命保険の販売を開始。ホームページで保険料の試算・生命保険の申し込みが可能。またインターネットでの生命保険販売開始に合わせて、定期保険「楽天生命ラブ」を発売する。すでに発売している医療保険「楽天生命スマート・ロング・ピンポイント」と組み合せることも可能。

人気ブログ「金融日記」の管理人の藤沢数希の最近の著書である「外資系金融の終わり」でも触れられていたが、世界で最も美味しいビジネスモデルが生命保険だ。

生命保険会社がやっていることは非常に複雑にみられるが、至ってシンプルだ。

生命保険会社の収益源は、以下の3つ。

死差益、利差益、費差益。

死差益とは、保険料計算に用いた予定死亡率と実際死亡率との差によって生じる剰余金。人が死ぬ確率は過去の膨大なデータからだいたい予想することができる。保険会社はそのデータに基づいて、それよりも少しだけ人が早く死ぬときに必要な保険料を徴収するわけだ。実際には保険会社の予想よりも人は死なないので、保険会社は儲かるわけだ。ある意味で、宝くじやら競馬の胴元に似ている。ほぼ100%の確率で儲かるわけだ。予測不能なことが起こって、保険の対象内で人が大勢死ぬようなケースを除けば。

利差益とは実際の運用収益が契約者に約束した運用利回りを上回った場合に生じる差益。保険を購入すると予定利率という言葉を目にするだろう。保険会社は契約者から受け取った保険料をただ現金で保有いているわけではなく、株式や債券に投資をしてリターンを得ようとする。これによってどの程度のリターンを契約者に返せるかというのが予定利率だ。予定利率が1%であれば、年間で1%のリターンを契約者に還元できることを意味する。この利差益は運用環境次第で大きく変化する。昨今の低金利下では、生保の予定利率は1%-2%というのがいいところだろう。あらかじめ契約者に提示した2%の予定利率に対して、保険会社が2%で運用できなければ利差益はマイナス、つまり逆ザヤとうことになるわけだ。ここについては保険会社の運用部門の投資センスが問われる。

最後に、費差益。これは保険料の設定時に想定した事業費と実際にかかった事業費の差から生じる差益をいう。日本の伝統的な保険会社には営業職員といういわゆる保険のおばちゃん達が何万人という規模で存在する。彼女たちの仕事はもちろん、個人や経営者向けに保険を売りさばくことである。皆さんの職場にも保険のおばさんやお姉さんが来たことがあると思うが、非常に非効率的な販売チャネルだ。ネットライフや楽天生命が保険事業に参入してきているように、ここは生命保険会社の負の遺産だ。最大手の日本生命は5万人程度の営業職員を有している。想定した事業費はこの5万人の営業職員の給料であり、それを賄う水準で保険料は設定されているわけだ。ライフネットはインターネットで保険を売っているが、この事業費が非常に少ない。ほぼゼロに近いといってもいいだろう。日本の伝統的な保険会社とネット生保の保険料の違いは、この費差益から来ているといっていいだろう。

足元の生命保険会社の収益は、死差益で莫大な暴利をむさぼっており、利差益と費差益は年々縮小している。先細りの生命保険ビジネスではあるが、死差益だけは聖域であり、これは保険会社の裁量で設定できる。利差益や費差益が赤字になろうが、その分を死差益でオフセットすればいいという誰がやっても儲かるビジネスをしているわけだ。

ただ、筆者はこうした生命保険という美味しいビジネスは近いうちに崩壊すると予想する。インターネットで保険を売ること自体は前から行われていることであり、新しい話ではない。問題は誰がやるかである。今回はネットショッピングの最大手の楽天が参入ということだが、今後はもっと巨大な企業が参入することだろう。数々の業界を潰してきたソフトバンク、米国ではグーグル、アマゾンあたりだろうか。アマゾンは小売り業界をボコボコにしてきたわけだが、今は出版業界に手を伸ばしている。何兆円もに及ぶ現金を保有する米国企業が参入すれば、短期間で生命保険のインフラを構築することは可能だ。ソフトバンクは銀行、証券業界では既に猛威を振るっているが、残るは保険だけじゃないだろうか。

生命保険のインターネット販売では、ライフネット生命が革新的なビジネスモデルを始めたという印象が強いが、業界が変わるのは本物が参入してきたときだろう。ソフトバンク、アマゾン、グーグル、アップル、マイクロソフト。生命保険という誰がやっても儲かるビジネスを彼らがやらない理由がない。
関連記事
16 : 03 : 35 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(6) | page top↑
<<電力業界の年収、給料、業務内容について-東京電力、関西電力 | ホーム | ゆとり世代の新入社員は新人種。ゆとり教育は完全に間違っていた。>>
コメント:
読みが甘いですな
by: * 2013/08/23 19:15 * URL [ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2013/10/22 22:08 * [ 編集] | page top↑
某記事のパクリですね。
自分の意見が書けないから間隔あいたのですか?
by: * 2013/10/23 07:23 * URL [ 編集] | page top↑
本当に嬉しかったです。
我慢できなくて、伝えることにしました。
私は本当は借金におわれていたんです。
ある人からすごい人を教えてもらいました。
信じれば信じるほど、お金をもらうことができました。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
本当に知りたいという人だけに教えます。
知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpにメールしてください。
すぐに教えますから。
by: 初田 * 2014/07/31 13:06 * URL [ 編集] | page top↑
お金さえあれば、すべてうまくいきます。
不慣れですが聞いてください。
恋人の借金をかえすために自分の夢を諦めて働いていました。
でも、衝撃的なものを知りました。
ただ連絡するだけで、あとはどうすればいいか指示してくれました。
不労所得が簡単にできるんです。
本当に知りたい人だけに教えます。
もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
禁断の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。
by: 亜衣香 * 2014/08/06 22:59 * URL [ 編集] | page top↑
なんてお礼を言ったらいいんでしょうか。
いつもはこんなことしないんですけど、我慢できなくなりました。
実は昔、好きな人に騙されて借金を抱えてしまったんです。
でも、衝撃的な人に出会いました。
ただであんなにお金をもらうことができるなんて、今でも信じられません。
借金を一括で全額返済できます。
本当に知りたいという人は連絡してきてください。
知りたい人はbanana_ayako@yahoo.co.jpまでメールください。
禁断の秘密をメールもらえた人だけに教えます。
by: 奥山育緒 * 2014/08/23 01:36 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/1082-f35b5d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。