スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

コンサル業界の年収、業務内容について(ボスコン、マッキンゼー、ベイン)

読者からの問い合わせが多いので、今回はコンサル業界について。

金融や商社に就職した若者が転職を考えるときに、ヘッドハンターからまず進められるのがコンサル。

新卒で、BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)やマッキンゼーに行ったやつらは、学生レベルでは優秀だと言われるわけだけど、転職でのコンサルはお勧めしない。

なぜなら、コンサルは激務だから。

朝は9時とか10時で遅いわけだけど、夜は夜中の2時から3時というのが実態だろう。

もちろん、ファンドマネジャーのように平日は24時間マーケットが開いているわけではないので、プロジェクトが終れば、長期の休暇を貰うことは出来るだろう。

ただ、プロジェクト(通常3ヶ月から6ヶ月程度が普通)の最中は、ほとんど寝る時間がないというのが実情だ。

ひたすら顧客への提案資料を作ってはボスに詰められて、また資料を作るという作業の繰り返しだ。

新卒でコンサル業界に入った友人たちも、数多く辞めている。事業会社へ行ったり、投資銀行へ行ったり。

転職でコンサルに入った奴らは、かなりの確率で、メンタル(うつ病)になって、社会復帰できなくなったり、また転職を繰り返すはめになる。

年収は一般よりも高い水準。

アナリスト(入社1年ー5年目程度)で500万から700万、アソシエイト(5年目から10年目程度)は1000万弱、プロジェクトリーダー(10年目以降、能力に応じて)になると1200万から1500万。パートナーになれば、2000万から数億レベル。

ただ、筆者の友人たちを見ていると、プロジェクトリーダーになるのが精一杯だろうか。パートナーになるような奴は超人的に優秀な奴か、経営陣との肉体的なコネクションがある女性だろうか。

所詮1000万と少しの年収しか期待できないなら、夜中2時までの激務に耐える必要があるだろうか。

コンサル業界への転職はお勧めできないというが筆者の結論だ。マッキンゼーとかボスコンとか聞こえはいいけどね。
関連記事
18 : 50 : 21 | 就活、転職、企業年収 | トラックバック:(0) | コメント:(3) | page top↑
<<ボストン爆破事件とニューヨークでのテロについて | ホーム | プリズン・ブレイク- ウェントワース・ミラー, ドミニク・パーセル, ウィリアム・フィクナー, ロバート・ネッパー>>
コメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2013/05/07 01:18 * [ 編集] | page top↑
はじめまして。
外資系コンサルに勤めています。
私も筆者の意見に賛成ですw
体と心がほんとーにきつい。
by: あ * 2013/06/06 21:52 * URL [ 編集] | page top↑
外資系コンサルで働いてますが、
あたってますね。
転職で外資系コンサルでやっていけるのは、5%にも満たないですから
by: あ * 2013/06/08 12:19 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/1077-07b799f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。