キラー・インサイド・ミー ケイシー・アフレック, ケイト・ハドソン, ジェシカ・アルバ

前から見たかった問題作。

人間の中に潜むサディスティックな面をを描いた作品。

幼い頃に受けたトラウマは一生人間の心の奥底に潜んでいるもので、それがいつ爆発するか分からない。

監督のマイケル・ウィンター・ボトムは非常に有名な監督で、この作品は彼以外考えられないだろう。

ジェシカアルバ扮する娼婦がボコボコに殴られ殺されるわけだけど、ジェシカアルバを起用した点もセンスあるなと。サディスティックな衝動を爆発させるきっかけは、ジェシカアルバみたいなタイプなんだろうなというね。娼婦の役もラテン系がつよいジェシカアルバに似合ってるしね。


関連記事
05 : 58 : 06 | 映画、ドラマ、書籍 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<英語公用語化問題:武田薬品がTOEIC730点以上を新卒採用応募条件に。 | ホーム | アメリカのハンバーガーは日本のラーメンである。>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/1032-15e6b027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

【DMM.com証券・FX】

【DMM.com証券・CFD】

【マネーパートナーズFX】

スマホアプリが充実!
信頼性ナンバーワン口座!
現金キャッシュバック実施中!
口座開設はこちら↓

Amazon Shopping