スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

中央三井アセットがインサイダー取引で課徴金

このニュースは衝撃的だけどノーサプライズ。
2010年の国際石油開発帝の増資前に、株を中央三井アセットが売却していたわけだけど、
主幹事の野村證券が増資するという情報を漏らしたみたい。
正直言って、ファンドマネジャー、アナリストをしていると、インサイダー情報に接する機会は、
多々あるわけだけど、その情報を基に取引をしたり、その情報を他者に漏らしたりするのは、
法律とか社内規定で禁止されているわけです。
証券アナリスト試験やCFAでも運用に携わるものの職業倫理として、このような状況で、
どうすべきかという問題が出されているわけで。
運用業界にいるものとして非常に残念。社会人一年目からやり直さないといけないね。
中央三井のファンドマネジャーは。
日本企業が苦戦を強いられている中で、株価も冴えないけど、こういった不正が公になると、
海外からのマネーも入りづらくなるだろう。

しかし、なぜ中央三井のファンドマネジャーはインサイダー取引をしたのか?
筆者には甚だ理解できない。日系運用機関のファンドマネジャーはローリスクローリターンだが、
インサイダー取引をするのは、ローリスクハイリターンだ。
運用パフォーマンスが良くなったところで、わずかばかりのボーナス増だ。
一方で、パフォーマンスが悪くなってもサラリーマンだからクビにはならないのだ。
海外ならまだしも日系企業のファンドマネジャーに留まるなら不正はしてはいけない。
サラリーマンはリスクをとらないのがベストだ。
関連記事
06 : 50 : 16 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<マーケットは調整 | ホーム | みずほ銀行の年収について>>
コメント:

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://cozy1002.blog.fc2.com/tb.php/101-63f11b46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。