スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

クレジットカードを使え。現金を使う奴は馬鹿だ。

アメリカではクレジットカードが主要な支払い手段だ。クレジットカードさえあれば、毎日の生活に困らないほど、カード文化が発達している。クレジットカードと聞くと、不正請求やら毎月の手数料請求などを連想して、現金に固執する馬鹿がいるが、その認識は間違っている。

現金で支払うより、クレジットカードで支払うほうが経済学的にお得なのだ。これは、単純にマイルなどのポイントがたまるからではない。お金には、現在価値と将来価値という概念がある。現在価値とは、将来支払う又は受け取るお金の現時点での価値であり、将来の支払い、受け取り額を、利子率で割引くことで算出される。反対に将来価値は、現在の支払い、受取額の将来の価値であり、利子率を掛けることで算出される。お金には時間的な価値があるということ。
たとえば、普通預金の金利が1%だとしよう。100万円の預金には、一年で1万円の金利が付与される。仮に、今月100万円の買い物をするとしよう。現金で払った場合は、100万円が貯金から消えるわけだが、クレジットカードで支払った場合は、クレジットカードの支払日まで100万円が預金口座に残ったままになるわけだ。通常のクレジットカードの支払い日は、クレジットカード使用日から約1ヵ月後。つまり、預金口座に残った100万円には、1か月分の利子が付与される。今回の例では、1万円の12分の一の800円強がお得になるわけだ。クレジットカードは支払いを遅らせることが出来る、つまり、ただでお金を借りていると言うことなのだ。

1ヵ月後の100万円の支払いに必要な金額は100万円より少なく、現在の100万円の将来価値は100万円より大きいのだ。

現金に固執する人は経済学を学んでいないいわゆる馬鹿ということになる。
関連記事
スポンサーサイト
14 : 16 : 48 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(5) | page top↑

ホラー映画『モーテル』-出演: ケイト・ベッキンセール, ルーク・ウィルソン, フランク・ホエーリー, イーサン・エンブリー 監督: ニムロッド・アーントル

最近見たホラー映画。

ストーリーは、人間の死を撮影する殺人モーテルに入り込んだ夫婦が次の獲物になるというもの。
シリーズ物でモーテル2もあるけど、ほぼストーリーは同じ。モーテル1を見れば2は見る必要ないかも。

車の故障で、殺人モーテルに泊まることになった夫婦。
その部屋にあるビデオテープには、その部屋で残虐な殺害映像が。
このままだと殺されると感じた夫婦は脱出を図るものの。

スリル満点の映像とモーテルに潜む殺人グループの性的欲求に近い残虐さ。



関連記事
22 : 20 : 56 | 映画、ドラマ、書籍 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。