スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

国立大学は私立大学より圧倒的に格上

高校3年生とその保護者へ。

日本は学歴社会だ。東京大学を頂点として序列が出来ているのが実情だ。
巷では、東京大学>京都大学>一橋大学、東京工業大学>慶応、早稲田=阪大>残りの旧帝大>上智....といった具合だ。筆者はこの序列に概ね納得しているが、少し違和感があるのが、早稲田、慶応だ。知名度や学生数では私立大学が国立大学を上回っているだろう。早稲田、慶応を知らない人はいないだろう。

ただ、就職活動において、とりわけ超一流企業においては、国立大学が圧倒的有利であることは、あまり知られていない。なぜなら、超一流企業を受けるのは、一部の人間であるからだ。一流企業の採用活動に少しでも携わればすぐに分かる。早稲田、慶応は所詮マンモス校であり、いくらでも学生はいるわけだ。筆者も何度か採用活動を手伝ったことがあるが、また早稲田か、また慶応かといった具合だ。希少価値が全くないのだ。所詮国立大学に落ちた学生だ。

東京大学、京都大学、一橋大学ははやり別格だ。学生の質も高いし、はずれがいない。大阪大学や東北大学と比較しても早稲田、慶応はいまいちだ。国立大学の2倍の授業料を払ってまで私立にいくのはナンセンス極まりない。
世知辛い世の中だ、だまって筆者のように国立一本で受験しよう。受験料も馬鹿にならない。
関連記事
スポンサーサイト
05 : 21 : 51 | 大学受験 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

三菱東京UFJ銀行の年収について

日本最大の銀行、三菱東京UFJ銀行。

合コンで最も受けがいい会社のひとつだ。

具体的な年収パスは以下。ボーナス込みで。

1年目23歳   300万
2年目24歳   400万
3年目25歳   450万
4年目26歳   500万
5年目27歳   550万
6年目28歳   700万
7年目29歳   800万
8年目30歳   900万
9年目31歳   950万
10年目32歳 1000万

入社すると、大半は支店配属だ。

支店で、投信なり保険なり預金の営業をするわけだ。もちろん、中小企業のおっさんへの融資もね。
2、3年後に本社に一旦戻って、今度は大企業融資なり、マーケット部門なり、総務部門なりにいくんだとさ。
その後はまた支店に戻って融資、営業の日々。転勤もかなりの頻度。2、3年に一回ね。一昔前の銀行員の給与水準からは程遠いけど、まずまずの水準。
関連記事
10 : 53 : 51 | 就活、転職、企業年収 | トラックバック:(1) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

参考サイト

楽天市場

Category

相場見通し (0)
ファイナンス理論 (14)
筆者推薦ブログ (3)
英語、TOEIC (8)
就活、転職、企業年収 (40)
グルメ・旅行 (3)
大学受験 (14)
その他色々 (138)
映画、ドラマ、書籍 (25)
中国関連 (4)

サイト内検索

カスタム検索

Latest journals

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。