スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

『標準時間2時間前倒し』が如何に無意味か。法人税改革とサービス残業規制が必要不可欠。

猪瀬東京都知事が日本の標準時間を2時間前倒しとか言ってるけど、意味不明。夜が長い方が金使うやら、外資系金融機関が日本に戻るやらが理由らしいが。

夜が長くなろうが、日本の古臭い企業文化がある限り、世のサラリーマンは2時間多く働くよ。2時間早く出社して同じ時間まで。猪瀬東京都知事がこれを知ってて提案してるんなら、ある意味賢い。一層の長時間労働で日本企業が強くなるかもしれないから。繰り返しになるが、9時に帰宅しているサービス残業サラリーマンが7時に帰れるかといえば、NOだろう。結局9時まで働くわけで、給料はそのまま、仕事後にお金を使う機会はむしろ減るだろうね、なぜなら7時に起床していたものが5時起床になるから。労働時間が増えて早く寝ないと体がもたないわけで。

外資系金融機関がなぜ日本から撤退したかというと、一つは法人税の高さ。外資系金融機関がどこにアジア拠点を移動させているかというと、法人税の低いシンガポールや香港。標準時間がどうこうではないわけ。2時間くらい早く東証が開いたところで価値はない。日本が重要なマーケットなら標準時間が何時だろうが東京にオフィス構えるよ。税金高くて重要じゃないからシンガポールやら香港やら上海に行ってしまったわけだ。

まとめると、標準時間2時間前倒しは意味がない。なぜなら違うところに問題があるなら。法人税が香港、シンガポールより高い、日本企業は長時間労働体質で早帰りなんて出来ない。標準時間どうこうよりも、法人税改革、サービス残業規制をやるべきだね。アメリカ人は5時には家に帰るからね。5時に帰れば、ジムに行ったり、映画みたり、スポーツしたりできるわけで。自ずと消費は増える。日本企業は長時間労働を強いることで、日本の消費減退を通じて、自ら首をしめている。いつ気づくのかな。
関連記事
スポンサーサイト
10 : 49 : 16 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(4) | page top↑

インターネットの普及で個人の時代が始まった。組織から個人へのパラダイムシフト。

2000年後半あたりから考えていたことだけど、インターネットは世界中で様々なルールを変えてしまった。これまで暴利を貪ってきたテレビ局は毎年赤字を垂れ流すほどの視聴率低迷に喘いでいるし、新聞社初めとして他のマスコミも同様で、紙媒体で高い料金を取るというビジネスモデルが徐々に通用しなくなってきている。紙で新聞を読むなんてのは大昔の話だ。

大企業の社長よりも多くの金を稼ぐ個人が増えてきている。株のデイトレーダー達は、コミュニケーション能力が欠如しており、就職活動で苦汁を舐めたような人が多いのだろうが、彼らは稼ぐときは億単位のお金を一瞬で稼ぐ。負けたとしても貯金ゼロに落ちるだけだ。中小企業の若手サラリーマンの貯蓄と対して変わらないだろう。また、ブログやサイト運営でアフィリエイト収入で生活する人も増えた。当ブログ含め副業でブログやサイトを運営している人が多いと思うが、大企業のサラリーマン程度かそれ以上の収入を稼ぐことも可能だ。コンテンツ次第ということだろう。

これまではテレビや新聞のみが一般大衆にアクセスする権利を有していたが、インターネットの普及で個人がコンテンツを作成し、情報発信できる時代が来たのだ。これまでテレビや新聞のゆがんだ報道でしか知りえなかったものが、利害関係を持たない個人から知ることが出来るようになった。テレビ局の視聴率が落ちるのは当然の流れであり、これまでテレビを見ていた時間はその大半がインターネットに流れている。

マスコミ以外でも同様だ。銀行、証券、保険といった金融業界でも大企業の業績は悪化し、新興のネット銀行、証券、保険が台頭してきている。理屈はいとも簡単だ。対面で営業して馬鹿高い手数料で儲けたきた伝統的な金融機関は、手数料の安いネット企業に勝てないのだ。いまだに対面販売で金融商品を買う人は多いのが不思議だが、団塊の世代以上の人口に占める割合が減っていけば、どんどん伝統的金融機関のビジネスモデルは厳しくなるだろう。旧来の製造業も同じだ。ハードウェアとしてのモノにはほとんど価値がないのだ。インターネットの普及の産物であるクラウドコンピューティングはまた世界を変えてしまった。いつでもどこでもだれでもコンテンツにアクセスできる時代に、ハードウェアは1つないし2つでいいのだ。最も典型的な例は、スマホとPC1台ずつ。これで出来ないことはほとんどないと言っていいだろう。スマホだけでも十分だ。

フェイスブックはマークザッカーバーグというオタクが始めた企業だが、シリコンバレーにはほかにもオタクが始めたベンチャー企業が山ほどある。彼らは一日中部屋に引きこもってプログラミングして何かを作っている。そのシステムが当たれば、億万長者だ。大企業に勤めていれば一生目にすることもない大金を手に入れる。インターネットは社会のルールを変えてしまった。勉強していい大学に入って、いい企業に入るという旧来の勝ち組路線はなくなりつつあり、何か新しいものを作り出せる人間が評価される時代になったのだ。

良くも悪くも、これが新しい世界のゲームのルールであり、チャンスだと考えたい。今の40代以上はバブル経済を経験し相対的にはいい思いをしてきた世代だが、かれらが疎いであろうインターネットが次の世界のルールを作っていくわけだ。世代間ギャップという言葉があるが、インターネットについては若者のほうが近しいはずだ。そしてインターネットは平等だ。コネとか年功とか下らない旧社会のルールはないのだ。いいコンテンツを発信するブログはアフィリエイトで死ぬほど儲かるし、ネットを使ったビジネスモデルは旧来の暴利を貪るビジネスもでるよりも評価される。今まで誰からも相手にされなかった童貞男は、オンラインで恋人と出会える時代だ。今後は、『個人』がもっとも重要な単位であって、大企業などに代表される『組織』は不要な過去の産物になる可能性が高まっているといえる。
関連記事
19 : 07 : 03 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(1) | page top↑

関西(京都、神戸、淡路)に旅行に行ってきました②

前回のエントリーで京都のグルメレポを書いておりますが、今回は神戸と淡路の旅行記です。たまには日本でゆっくり過ごすのもいいものです。東京出張ばかりでは本当の日本を満喫できないのでしょうね。日本にはいいところが山ほどあります。

京都でグルメを堪能した後は、神戸に移動してまたまたグルメです。基本的にはグルメしかありません。というか、筆者自身もグルメしか求めていませんし、読者も美味しいものの写真を見たほうが癒されるというものです。


神戸は元町の中華街です。上海飯店のフカヒレ姿煮と飲茶、チャーハンのセットです。値段はそれなりにしますが、フカヒレの姿煮は絶品です。他に中華街では、老祥記の豚まんを食べましたが、一個90円の割には小さく、味もイマイチでしょうか。長い行列が出来ていたので期待していましたが、残念です。しかも最低三個頼む必要があるので、味がイマイチだと無駄に腹が膨れてしまいます。


神戸元町中華街を後にして、淡路島へ向かいました。明石海峡大橋を渡ってすぐのハイウェイオアシスからの一枚です。瀬戸内海は綺麗ですね。東京湾も昔よりは綺麗なりましたが、個人的には瀬戸内海ですね。かなり大型のサービスエリアです。スタバ、ミスドなども入っているので、1時間以上滞在しました。


これは淡路ハイウェイオアシスで食べた玉ねぎカレーです。奥はシラス丼。玉ねぎとしらすが淡路の特産品だそうです。海の幸、山の幸どちらもとは恵まれていますね。味もサービスエリアにしてはまずまずでした。食後はスタバでコーヒー。落ち着きます。

まだまだ紹介したいグルメ、スポットはありますが、今回はこの辺で。
関連記事
23 : 11 : 54 | グルメ・旅行 | トラックバック:(0) | コメント:(1) | page top↑

関西(京都、神戸、淡路)に旅行に行ってきました①

日本はゴールデンウィークということで、里帰りがてら、関西(京都、神戸、淡路)に旅行にきています。今は淡路島からブログを更新しています。瀬戸内海はきれいですね、カリブ海のマリンブルーとは違ったよさがあります。アメリカでは花粉はほとんどないですが、日本ではまだヒノキが飛んでいるようです。鼻がむずむずします。日本に帰った時は日本食が食べたいものです。



厳密には日本食ではないですが、日本のラーメンは世界一です。ニューヨークには一風堂やらせたがやが進出してますが、横浜家系ラーメンはまだです。本格的な家系ラーメン店の紫蔵にいきました。横浜で育ったせいか、家系ラーメンが欲しくなることが多いです。



続いて、翌日にはフルーツタルトの有名店、キルフェボン。京都の三条駅から歩いてすぐです。アメリカの甘すぎるタルトは敬遠してきたわけですが、ここはあっさりです。フルーツタルトの名店ということもあり、フルーツが新鮮でタルトの生地と上手くマッチしてます。なかなかのものです。ただ待ち時間がはんぱないです。1時間はざら、2時間待ちも普通です。



続きは次回。
関連記事
20 : 35 : 23 | グルメ・旅行 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑

ボストン爆破事件とニューヨークでのテロについて

ボストンの爆破事件では、アルカイダなどのテロ組織が絡んでいるのではないかという憶測が飛び交っているが、捕まったジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)と、死亡した兄のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)はニューヨークのタイムズスクエアでも残りの爆弾を爆発させることを決めていたことが明らかになった。

ボストンマラソンというどうでもいいような場所で爆破事件が起こったことに筆者は疑問を感じていたが、彼らもさすがに馬鹿ではなかったようだ。

タイムズスクエアは筆者の自宅から徒歩2分であり、タイムズスクエアで仮にテロが起これば、筆者はおそらく生きてはいないだろう。タイムズスクエアというのは、世界で最も観光客が訪れる場所であり、アメリカ、ニューヨークの象徴ともいえる場所だ。

ただ、タイムズスクエアでテロを起こすのはほぼ不可能に近い。アメリカ政府も警察も厳重に警備している。彼らはセンサーで要所要所で爆発物をチェックしているし、ニューヨークのマンハッタン島の警察官の数は異常だ。

50mおきに警察官が立っているのではないかというくらいだ。タイムズスクエア周辺では警察官であふれている。マシンガン的なものを持っている警察官も多い。

また、タイムズスクエアには数多くの高層ビルがあるが、ほぼすべてのビルに不審者、不審物を発見するためのセンサーが張り巡らされている。少しヘビーな金属を持っているだけでも、警察官に呼び止められることは日常茶飯事だ。

中には、リュックを背負っているだけで、警察官からの尋問を受けることも多い。それくらいアメリカ、特にニューヨークではテロに対する警戒感が強い。今回ボストンで爆破事件を起こした兄弟のような素人ではテロどころか、爆破事件を起こすことは不可能だ。

タイムズスクエアに行くたびに発砲事件やテロがないかと心配になることもあるが、心配だけしていては家から出られないわけで。

日本のように、テロの対象にするには魅力がなさすぎる国のほうが安全でいいのかもしれないが。
関連記事
19 : 32 : 10 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(1) | page top↑
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。