スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

NTTドコモがiPhoneを売らないのはある意味合理的

ネット上では、iPhone5の話題で持ちきりだが、相変わらずNTTドコモはiPhoneからは距離を置いているようだ。

ネットではドコモの時代遅れともいえる戦略に批判的だが、筆者はある意味で、ドコモを評価したい。

アップルという会社のマーケッティング戦略は非常に残酷だ。

米国ではキャリア大手ATTがiPhoneを最初に売り出したが、最大手のベライゾンは2010年までiPhoneの販売を始めなかった。スプリントについても2010年まで封印していたのだ。

この背景には、アップルの超強気な販売方法がある。

具体的な数字を開示することは控えるが、携帯キャリアはアップルからある一定数量のiPhoneを最初から買い取らないといけないのだ。これが常識を超える数量コミットメントで、いったんアップルと契約を結んで数量をコミットしてしまうと、キャリアは意地でも在庫をさばかなくてはならない。

iPhone4sやらiPhone4はほぼ無料で購入することが出来るが、これは大量に在庫を抱えたキャリア側の都合だ。

常識を超える数量を一気に仕入れて、最新機種が出れば、古い機種はディスカウントして赤字で裁くしかないのだ。

これがアップルの超ハイマージンビジネスモデルに繋がっている。

米携帯大手のべライゾンは、iPhoneからずっと距離を置いていたのも、アップルとの交渉が何度も破綻したからに他ならない。

NTTドコモがiPhoneを扱わないのは、明らかにアップルの強引なアップル有利なやり方に嫌気しているからだ。

iPhone人気はそろそろ終わるだろう。iPhone5から先のプロダクトロードマップは皆無だろう。

ドコモは、主力製品に韓国SamsungのGalaxy、中国Huaweiの低価格モデルを投入する予定。

ソフトバンク、AUはドコモから乗り換えでユーザー数を増やしてきたが、iPhoneが終われば、そのトレンドも終わるだろう。

これまでのところはiPhoneでドコモは失敗したかもしれないが、今後という意味では、彼らの非iPhone機種ポートフォリオは魅力的になるかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
13 : 45 : 35 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(5) | page top↑

Apple MacBook Pro(マックブックプロ)のRetinaDisplay(レティナ)は綺麗すぎる。

今更感がありまくりですが、友人がヘビーマックユーザーでアップルのマックブックプロを使っているので、少し触らせてもらいました。

筆者は、マックは基本的には嫌いですが、デザイン面ではウィンドウズを遥かに上回っているのは事実です。

ただ、実際に触ってみて分かったのは、レティナディスプレイは綺麗すぎです。

スマートフォンにもレティナが使われていますが、パソコンで見るとレティナの凄さが顕著に分かります。



後は、タッチパッドの機能が他のウィンドウズパソコンより優れています。

操作性が非常にスムーズです。

これまでマックはソフト面(ウィンドウズ、オフィスなど)から敬遠してきましたが、検討の価値がありそうです。

ご参考まで。
関連記事
03 : 28 : 42 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

年収1千万欲しいなら黙って勉強しろ。未だに商社、金融の大手企業では年収1千万以上が普通。

年収1千万という数字は一昔前であれば、それほど珍しいものではなかったはずだ。

リーマンショック以降の不況で、日本企業はものの見事に負け組みとかしたわけだ。

ただ、そうした中でも未だに1千万円以上を稼ぐ人たちはいるものだ。

経営者や医者、弁護士などの、なりたくてもなれるものではない職業は置いておいて、

誰にでも可能性があるのは、大企業のサラリーマンだ。

三菱商事、三井物産、住友商事

三菱UFJ銀行、みずほ、三井住友

東京海上、日本生命、野村證券などの大企業だ。

これらの企業に入ってしまえば、よっぽど問題を起こさない限りは、30歳以降は、年収1千万以上もらえるだろう。同じサラリーマンをやるなら、中小企業よりも大企業だ。

中小企業で働く人が、大企業で歯車になりたくないということをよく言うが、それはただのいい訳だ。

年収300の激務中小企業と年収1000万の激務大企業なら、後者がいいに決まっている。

ではどうしたら、大企業に就職できるのか?

それは、いい大学に入ることだ。

東大、京大、一橋に入れば、まず間違いなく大企業に就職できる。

早慶、旧帝大でも可能性は高い。

それ以下の場合は、可能性は低い。

つまり、年収1千万欲しいなら、黙って勉強しろということだ。

日本社会はある意味、不平等であり、平等だ。

大学受験という最大の関門で、その後の人生の9割以上が決まってくるのだ。

一旦間違えると、なかなか逆転できないという点で不平等だ。

ただ、大学受験は非常に平等なシステムだ。点数が高い順から合格になるからだ。

つまり、どこの地域出身であるとか、親が何をしてるかは関係ない。テストだけの平等な試験だ。

アメリカではそもそも人種の違いで人生の選択肢がきまってしまう。

日本という国に生まれたよかったのではないか。

勉強したら、稼げるからね。
関連記事
03 : 29 : 58 | 就活、転職、企業年収 | トラックバック:(0) | コメント:(7) | page top↑

ソニーは倒産への道を着々と。PS3小型・軽量モデル発売

ソニーは据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)3」の小型・軽量モデルを欧米で来週発売、日本市場には10月4日から投入。

アップルiPhoneなどスマートフォン向けソフトに食われている旧来のゲーム機市場。

この発表を受け、ソニー株価は上昇。

前日比3.1%高。

新製品は、従来モデルよりサイズを25%、重さを20%、それぞれカット。

税込みの価格は、250ギガ2万4980円。

ちょっと高いし、小型化した意味はなんなのか?

携帯できるわけでもなく。

買い替えが進むわけが無いというの感想。

今の機種で使えない機能がないと買い替えは進まないというのが業界アナリストの見方。

ゲーム機市場はスマホに取り込まれる流れは変わらず。スマホを制するものが全てを制するといったところか。

PSPも値下げ。

小売価格を従来から3000円安い1万3800円に引き下げ。

PSPは完全にスマホ、アブレットと被るので売れるわけないよね。

円高の影響で業績悪いとか言ってるけど、そもそも売れないから。

だからソニーの株価は暴落しているわけです。

なぜ、米国企業はスマホに注力しているのか。

スマホが全てだから。ゲームも本もすべてスマホで見るから。

日系企業もスマホで、エコシステムを作らないと、搾取されるだけです。

シャープの次はソニー。
関連記事
03 : 06 : 10 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

中国の反日デモ、米国企業にまで飛び火

尖閣諸島の国有化で、反日デモは米国企業に飛び火。

イタリア領事館の公用車、香港企業が襲撃される始末。

米国企業であるファーストフードのマクドナルド、フランス企業のスーパーマーケットカルフールが店舗一部を破壊されたらしい。

反日デモとは言えない状況。

中国はまだ発展途上国であって、国民としての民度、レベルがまだ未熟なことの表れ。

日本企業以外にも攻撃するなんて、暴れたいだけなんだろうね。

中国警察はなぜ大規模に動かないのか?

日本企業を攻撃する分には、警察も放置プレイなのか。

そのうち、米国が仲裁に乗り出してきて、尖閣周辺の資源は、日中中心に諸外国で分けるのでしょうか?

中国人の大半は、今回の暴動はばかげていると考えているらしく、一部の低賃金労働者が暴れているだけらしい。

それにしても、天安門事件以来の騒ぎになりつつある今回の暴動はいつごろ静まるのか。

確率は少ないけども、デモから内紛、戦争につながらなければいいが。
関連記事
10 : 12 : 40 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

中国の反日デモについて

中国の反日デモで為替が円安に振れるなど、足元の中国の動きは金融市場にも影響してます。

尖閣諸島問題が発端ではあるものの、なぜ日本人を襲ったり、日本企業の工場を占拠するのか、日本人には到底理解できないことが起こっています。

中国人はよっぽど、日本人が嫌いなのでしょう。

そのことが改めて確認できたということろでしょうか。

日本株的には円安に振れた方がいいですね。

韓国もそうですが、中国人の民度の低さは世界一でしょうか。

発展途上国から先進国へとポジションを変えつつある、中国、韓国ですが、今回の暴動を見る限りは、所詮は途上国レベルから抜け出せていないのでしょう。

アメリカ人からすれば、東洋の国で小競り合いしている程度なので、関心は大きくないですが、米国でも中国人による反日デモが起こってます。日本大使館周辺でもデモ行為もあったようです。

これだけグローバル化した世の中で、中国がGDPで日本を抜き去った後でも、中国人はいまだに日本コンプレックスを捨てれないのでしょうか。

歴史的な背景が原因なのはいうまでもないですが、悲しいですね。
関連記事
04 : 47 : 24 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(1) | page top↑

日系電機メーカーの凋落の背景にある日本的硬直的意思決定システム

なぜ日系電機メーカーがここまで終わっているのかについて。

関連記事はこちら。
今後5年以内に破綻する日系大企業(大和證券、ソニー、パナソニック、シャープ)
シャープご臨終-破綻か台湾企業の子会社へ
米国企業は勝ち組、日本企業は負け組の訳:ハードウェアVSソフトウェア

ついこの間、ある日本を代表する電機メーカーの経営者と話す機会があったわけですが、彼らがなぜ米国のハードウェア、ソフトウェアメーカーに勝てないのかがはっきりと分かりました。

経営者がアホだからです。

社長をはじめとする役員達の年齢は50代から60代中心です。

彼らは「逃げ切れる世代」なので、とりあえずは斬新なリスクある決断はしないインセンティブがあることに加えて、そもそもアホなのです。

みなさんのお父さんやらお母さんの世代が、アップルやグーグル、フェイスブックなどで働くエンジニアや役員より優れているわけがないのです。

スマートフォンすら持っていない経営者が、スマートフォンで勝てるわけないのです。

もちろん、日系電機メーカーにもアイデア溢れる若い世代のエンジニアがいるわけです。

若い世代の人たちは、決してアップルやグーグル、フェイスブックなどで働くエンジニアと比較しても劣っているわけではないのです。

例えば、ゲーム産業。任天堂やらソニーはいまだに世界屈指のゲームメーカーです。マイクロソフトのXboxが伸びているものの、いまだに日本はゲーム産業で一歩ぬきんでているのです。

ゲームの世界は、スマホやタブレットを作るよりもはるかに高度でエンジニアの力量、アイデアが必要になるわけです。

つまり、ここで何がいいたいかというと、日本のメーカーのエンジニアは優秀だということ。

しかし、皮肉なことに、若い才能を潰すことに長けた老いぼれ経営陣がまだ居座っているのです。

アホな経営者は、若い人間が出したアイデアを潰すのです。まさに老害です。

また、若手が出したアイデアを実現するまでに半年から1年かかるのが現状のようです。

スマートフォンが出たときは、日本の誰もが、売れない、使いづらいといったのです。

ただ、アイフォンは着実に売り上げを伸ばしていったわけです。2007年にアイフォンが出てから、2008年にはそれなりにスマートフォンが認識されました。この段階で少なくとも日本の若手エンジニアは気づいたはずです。

スマートフォンの時代が来ると。

しかし、アホ経営者は、そのアイデアにまず反対し、アップルやサムスンが成功したことを確認してやっと受け入れたと思えば、アップルやサムスンのために、莫大な時間をかけて、やっとこさ新製品発表まで進むのです。

これが日系電機メーカーの意思決定体制です。

若手→課長→部長→役員→社長の順番に何度も資料を作って、何度も同じ説明をして、経営会議、取締役会などを経て、1年ほどで新製品が出来るのです。

この間に、発表される新製品は時代遅れになるわけです。

ソニーは末期症状、倒産する可能性が高い。VAIO Tap 20は時代に逆行している。

次は、どこで日系メーカーが遅れを取るのか?

シャープはそろそろ破綻しそうですが、液晶の次の技術である有機ELあたりでしょうか?

サムスンとLGは有機ELに莫大な投資をしていますが、ソニー、パナソニックはまだ液晶の時代が続くと思っているのでしょうか?

スマホ、タブレットではもう勝ち目がないわけで、有機ELあたりで勝たないと、ソニーやパナソニックもシャープになるでしょうね。
関連記事
08 : 25 : 37 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(3) | page top↑

CFA試験お薦め参考書【シュウェザー】Kaplan CFA Basics

CFA試験の必須アイテム。

米国のCFA協会の公式テキストブックは分厚くて超非効率。

キャプランシュウェザー(Kaplan Schweser)社の参考書が一番効率がいい。

米国ではキャプランシュウェザー(Kaplan Schweser)社は金融関係の参考書で超有名。


関連記事
12 : 14 : 57 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

米国大統領選挙(民主党オバマvs共和党ロムニー)の基礎知識と今後の動向、スケジュール

昨晩はロムニーが共和党大会で指名受諾演説。

筆者もテレビで聞きましたが、共和党らしい候補だね、ロムニーといい、ライアンといい。

演説内容は、オバマが苦手といわれる経済、雇用を軸に「打倒オバマ」戦略。

以下が共和党の主なポイント。
・年間2000億ドルのブッシュ減税延長
・収入が一定以下の世帯への利子・配当課税の免除
・連邦相続税の廃止
・法人税を現行の35%から原則25%へ引き下げ
・企業が海外で稼いだ配当への課税を無くす
・減税のオンパレード。
・対中国への強硬姿勢。
・核開発疑惑のイランや中東に強硬的。
・オバマ政権の弱腰外交批判。
・レーガン共和党政権以来の「力による平和」を主張。強い米国復活がテーマ。
・昨日のフロリダでの共和党全国大会でロムニー氏は、オバマ大統領の「希望と変革」の約束は「失望と分断」に取って代わられたと批判。
・米国に必要なのは「多くの雇用」であると指摘し、1期目に1200万人の新規雇用を創出すると公約。


今回の米大統領選挙は、「減税」と「規制緩和」が焦点かな。

共和党は減税推進、規制緩和推進。

オバマの弱点は、まさに、経済対策。失業率がリーマンショック以降、高止まりしているのは、相当ネガティブ。

黒人やヒスパニックには人気が依然として高い大統領ではあるけれども、オバマのままじゃ、仕事がないよというのが国民の本音かもしれない。

共和党になれば、富裕層有利にはなるかもしれないけども、減税やら、金融規制改革の取りやめ、雇用創出で、米国経済にはポジティブではないかというのが、筆者の見方。金融規制取り止めが実現したら、金融セクター暴騰で、株式市場には間違いまくポジティブ。金融セクターの株価はひどいからね。リーマン以降。

今回は、大統領選挙に詳しくない方に向けて簡単に両党と両氏の基礎知識を以下に纏めたい。筆者の見方を整理するうえでも。

【民主党】
まず、現政権の 民主党
・民主主義、リベラリズム、社会自由主義、進歩主義
・政府による介入を是とする「大きな政府」を標榜。問題があれば政府が介入して調整。
・支持者は中産階級から下が多い。南部を中心とした勢力。移民が多い。人種的には有色人種が多い。女性や白人以外の候補者も多い。
・主要な支持母体は、環境保護団体、弁護士協会、労働者階級、IT業界、有色人種
・保護政策。対日政策は厳しめ。
・シンボルはロバ、白
・税制
高所得層への減税は廃止。中低所得層への減税は延長
・景気・雇用
大統領就任直後に景気刺激のため約8000億ドルの公的資金を投入。製造業や中小企業事業主への減税などで雇用を促進。
・通商
韓国などと自由貿易協定(FTA)を締結。環太平洋経済連携協定(TPP)を積極交渉。
・外交全般
米国は「傑出した国」。国連など国際社会と強調。同盟国の支持なしでの大規模な軍事行動は避ける。
・日本
日米同盟重視。日本のTPP参加を促す。
・中国
戦略・経済対話、軍事交流を促進。為替操作国の認定見送り。外交圧力で人民元引き上げ求める。
・オバマ
51歳、父親の母国ケニアで生まれ、大統領になる資格がないと主張する「バーサー(birther)運動」による出生地問題あり


【共和党】
ロムニー率いる共和党(別称GOP (Grand Old Party))
・保守主義、新自由主義、古典的自由主義、共和主義
・政府の介入を極力控えて市場に任せる「小さな政府」を標榜。自由の理念が守られていれば、政府は介入せずに市場の摂理に任せる。ティーパーティー運動をしているのも共和党。
・支持者は中産階級から上。いわゆる北部や東部のエスタブリッシュメントが代表格。富裕層が多い。金持ちのイメージ。ちなみにロムニーは元マサチューセッツ州知事。
・伝統的な家父長制度を引き摺るイメージで、女性候補や有色人種の候補・支持者は少ない。保守的な白人層。
・主要な支持母体は、キリスト教右派、退役軍人教会、産業界、ライフル協会
・対日政策は緩やか。自由貿易主義。親日派が多い。
・共和党の政策はキリスト教の影響が強い。すなわち金持ちは財産の一部を貧者に分け与える思想。チャリティーやボランティアが多いのは、キリスト教の影響。
・反同性愛、反中絶を強固に主張。
・シンボルは象
・税制
ブッシュ減税の全面延長。減税率は僅かに引き下げる。
・景気・雇用
減税、規制緩和、貿易拡大で経済成長を促進。金融規制改革を取りやめ。自由な市場を重視する政策。
・通商
TPPのほか、インド、ブラジルなどとのFTAを推進。「レーガン経済圏」と呼ぶ巨大自由貿易圏を構想。
・外交全般
自国は特別な国だとする「アメリカ例外主義」を堅持。米国は「最強の国家」として世界を指導。強固な軍事力を維持し「力による平和」を目指す。
・日本
対日政策の具体的な言及なし。
・中国
就任と同時に為替操作国に認定。人民元引き上げない場合、中国からの輸入に相殺関税。
・その他
65歳、モルモン教徒、前マサチューセッツ州知事、アン夫人と5人の息子


【今後のスケジュール】
2012年
8月27日~30日:共和党全国大会(タンパ)
9月3日~6日:民主党全国大会(シャーロット)、オバマ大統領が民主党全国大会で指名候補受諾演説
11月6日:一般有権者による投票及び開票
12月17日:大統領選挙人による投票
2013年
1月6日:大統領選挙人による投票を開票。大統領および副大統領当選者が正式決定。
1月20日:大統領就任式
関連記事
05 : 15 : 32 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(11) | page top↑
| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

参考サイト

楽天市場

Category

相場見通し (0)
ファイナンス理論 (14)
筆者推薦ブログ (3)
英語、TOEIC (8)
就活、転職、企業年収 (40)
グルメ・旅行 (3)
大学受験 (14)
その他色々 (138)
映画、ドラマ、書籍 (25)
中国関連 (4)

サイト内検索

カスタム検索

Latest journals

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。