スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

語学留学と国家のプレゼンス

筆者はニューヨークをベースとしているせいか、たびたび語学留学でニューヨークへ来たという方と知り合いになることがある。語学を勉強しに留学に来るというのは非常に聞こえはいいが、語学だけを勉強するのはあまりお勧めできない。というのも、単に語学が堪能であるだけならば、価値がないからだ。語学学校で学ぶ英語など、現地の大学やら専門学校にいけばすぐに身につく。マーケットで求められるのは、語学+αだ。

日系企業は海外戦略が重要であることは確かだ。日本語と英語のバイリンガルは重宝されるだろう。ただ、日本語ネイティブ、英語日常会話クラスなら、価値はないといっていい。語学留学で学んだ英語ではビジネスは出来ない。英語が出来ないが仕事はできる日本人のほうが価値があるのだ。アメリカに1年でも住めば、語学留学生以上の英語力が身につくだろう。スキルのない語学留学生の行き着く先は、運が良くて国際部門のアシスタント程度だろう。

一方で外資系企業はどうだろう。英語ができる人も世界に10億人以上はいるだろう。英語で仕事をしたいといって面接に来た日本人を誰が採用したいか?英語ができるネイティブは10億人いるわけだ。そこであなたはきっとこう返すだろう。日本語も出来ますと。そうするとこう返される。日本向けビジネスは現状維持か縮小する方向だと。

一昔前の日本と今の日本を混同してはいけない。日本を戦略的に重要な国だと見ている企業はほとんどないといっていい。中国、香港、シンガポールがアジアの中心だ。

例えばベトナム語で考えればいい。ベトナム人が日本語の日常会話が出来ますといって日系企業の面接にやってきたとしよう。あなたが人事担当者なら採用するだろうか?答えはノーのはずだ。ベトナム語が出来ても、その人材の活用範囲は非常に狭いだろう。ただ今後10年で見ると、日本語よりベトナム語の方が有用かもしれない。

国のプレゼンスの変化というものは非常に残酷だ。縮小していく国の言語は価値が無くなっていくのだ。その中でも無くならないのは、ビジネスに必要なスキルだ。会計、法律、ファイナンスなどは世界共通でこれからの必要とされるだろう。語学だけを学ぶというのは非常に危険だ。

語学留学は慎重に。







関連記事
スポンサーサイト
21 : 42 : 32 | 英語、TOEIC | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

個人投資家の皆さん、iGoogleを活用しよう

機関投資家であれば、オフィスにブルームバーグなどの情報端末があるのが通常だろう。ただ、個人投資家となるとそうともいかない。ブルームバーグは年間300万程度のコストがかかるためだ。ただ、世の中は便利になったものである。グーグル先生が無料の便利ツールを用意してくれている。iGoogleだ。ヤフーファイナンスなど今すぐブックマークから外そう。リアルタイム株価、チャート、為替レート、原油夜勤などの商品価格が一目でチェックできる。グーグルファイナンスのガジェットを何個か使って、投資用のiGoogleを作ろう。機関投資家の中でもiGoogleでポートフォリオをチェックしている人もいるくらいだ。

asa
関連記事
00 : 43 : 19 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

2チャンネルのすすめ

2チャンネルってくだらないサイトっていうイメージ。

日本だと日経新聞なんかを読んでると頭がいい人だなんて思う人は多いだろう。

アメリカだと、ウォールストリートジャーナルかニューヨークタイムズあたりがそれにあたる。

資産運用という職業に従事する以上、上記の2紙については大変お世話になっているが、

それと同等あるいは、それ以上に興味深いのが2チャンネルだ。

ベテラン新聞記者が書いた記事は非常にまともで、論理の矛盾はほとんどない。

たまに、事実と違う記載もあるが。

ただ、消費者がその記事についてどう考えるかは、新聞を読んでいてはわからない。

消費者が、とりわけそういったニュースに敏感に反応する消費者、つまり2ちゃんねらーがどう反応するか、どういった感想を持つかは非常に有効だ。

とりわけ筆者の苦手な分野などだ。

2チャンネルのスレにすべて目を通すのは難しいが、以下のサイトは非常に良くまとまっている。

朝の10分でだいたい読める。

2チャンネルまとめサイト
http://labo.tv/2chnews/

ファンドマネジャーやアナリストは、市場を予測するのが仕事だが、

市場は消費者が動かしている。

消費者の中でも、鋭い洞察力をもった2ちゃんねらー達の意見はチェックしなければいけない。
関連記事
10 : 51 : 43 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

米国携帯電話市場

アメリカの携帯電話市場って、日本とぜんぜん違うんです。日本だとプリペイド携帯なんてあまりみかけないわけですが、アメリカではプリペイドを扱うキャリアがあって、市場全体の20%を占めています。で、過去10年のプリペイド、ポストペイドの比率は、プリペイドが徐々にシェアを奪っている状況。

プリペイドの利点は、契約が不要であること、あとは料金プランの安さね。例えば、メトロPCSという会社があるんだけど、月額40ドルで、電話、ウェブ、テキストなんかが使い放題。一方で、べライゾン、AT&Tなんかは、ポストペイド中心なんだけど、月額70-100ドル。iPhoneだと、最低90ドルくらいはかかるね。

日本は、3大キャリアが大半を占めているわけだけど、米国は、べライゾン、AT&T、スプリント、Tモバイルの4大キャリアのほかに、メトロPCS、LEAP、TracFoneとか小さなキャリアがあって、いろんなプランが用意されている。短期間のアメリカ留学、アメリカ駐在であれば、プリペイドが選好されるだろうね。

まー、ハイエンドの高級なスマートフォンだと、べライゾン、AT&Tじゃないと、快適なウェブサーフィンはできないかも。 アメリカ留学、駐在、短期旅行をする際の携帯選びの参考に。

関連記事
04 : 31 : 14 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

No strings attached/抱きたいカンケイ



今日はネットフリックスで映画鑑賞。仕事のことは忘れよう。

No strings attachedっていう映画。

ナタリーポートマンとアシュトンカッチャーがセックスフレンドの関係になって、

そこからちゃんと愛し合うっていう平凡なストーリーなんだけど。

英語だとNo strings attachedで、日本語だと抱きたいカンケイ。

No strings attachedってどういう意味かというと、後腐れのない、或いは、完璧って意味らしい。

2つあって、正反対。筆者はここだと完璧の愛、関係だと解釈したい。邦題とぜんぜん違うけど。

服が解れると、繕うために糸(String)が必要だけど、糸がついていないということは、

要は完璧だと。

ナタリー扮するEmmaは、父の死以降、立ち直れない母に変わって、強く生きようとしてきたわけだけど、

強くありたいがために、傷つくのが怖いから、アシュトン扮するAdamの優しさを素直に受け入れられない。

セックスするだけでいい。

Emma: Do you wanna do this?
Adam: Do what?
Emma: Use each other for sex, at all hours of the day and night. Nothing else.
Adam: Yeah, I could do that.
Emma: Good. It's gonna be fun.

とかっていうやりとりがあるわけです。

ただ、父の死以降頼りない母(Sandra)はEmmaにこういうわけです。

Sandra Kurtzman: You know I worry about you sometimes.
Emma: Why? Is this about me not having a date?
Sandra Kurtzman: No, I know you can dance alone. I know that you'll be fine. You're always fine.
Emma: So?
Sandra Kurtzman: I don't know. When we lost your father I couldn't stand to see you in pain and I think you knew that. I think that you got good at being strong for me.
Sandra Kurtzman: I'm telling you be hurt. I can take it. The world can take it.
Emma: Okay.

私のためにあなたは強くなった。でも傷つくべきた。っていうわけです。

ナタリーは演技がうまいと思う。

筆者は映画評論家でもなんでもないわけだけど、映画とかドラマを見ていて、

演技が上手いか下手かの基準は、リアリティがあるか否か。どれだけ美しくても、かっこよくても、

現実で100%ありえないなら、アニメと変わらない。生身の人間が出てるんだから、人間らしくないと。それだけ。

そういった意味でナタリーポートマンのこの映画での演技は素晴らしかった。

美しいんだけど、どこが臆病なところがあって、人を信じるのを躊躇してしまう。

筆者の数少ない恋愛経験でも、こういった種類の女性がいたし、彼らは決まって高学歴(EmmaはMIT、ナタリーはハーバード)で、

我慢して、時には演技して、幼少期から成人になるまでを過ごしてきているように思う。

親に甘えることが出来ず、一人で強くなりたい、いや強くならざるを得なかった。なぜなら、皆の期待に応えたいし、

応えなければ、自分の存在価値がなくなるのではないかという恐怖心に駆られているから。

筆者にもそういった側面があるように思う。

でも、愚直なまでにまっすぐに飾らず愛してくれる人(Adam)に、何度も暴言を吐き、うっとうしがり、傷つけて、

相手が去ると、ずっと相手のことを考えてしまう。そしてやっと相手に心を開くわけ。

この映画はハッピーエンドなわけだけど、現実では、気づいた時には、既に時遅しってことが多い。

いい映画。ご鑑賞あれ。
関連記事
14 : 32 : 55 | 映画、ドラマ、書籍 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。