スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

白人女性との付き合いについて

米国企業決算も一巡したところで、今日は海外在住ならではの話。

筆者はどうゆうわけか、独身でニューヨークにすんでいるわけだが、

筆者を含めた日本人男性のもてなさぶりは想像を超える。

世の日本人男性諸君は、金髪白人美女に憧れを抱くこともあろうが、

実際に付き合うことができる可能性は、ほぼゼロだろう。

なぜなら、白人女性は、アジア人男性、日本人男性に興味がないからだ。

単純に見た目が魅力的でない他に、パーソナリティの面でもそうらしい。

要は、日本人男性はつまらない、積極性が足りない、愛情表現が足りないらしい。

逆に、日本人女性はモテモテだ。

愛想がある、キュート、家庭的、男性に尽くすなど、挙げればきりがない。

実際にマンハッタンの街中で見かける、白人、アジア人カップルのうち99%は、白人男性とアジア人女性だ。

アジア人女性の中でも、日本人女性の人気は高い。

やや性格がきつい中国人、韓国人より、穏やかな日本人がいいのだろう。

そういった劣悪な環境の中、筆者は一度だけ白人女性と付き合ったことがある。

ヨーロッパ出身の誰がみても美しい女性だ。

筆者は、日本人女性とは何十人もお付き合いをしてきて、ある程度女性の扱いをしっていると思っていたが、

白人女性との付き合いは、非常にタフだった。

付き合う当初は何も問題がないかのように思っていた。むしろ、初めて女性と付き合った時のように、

純粋な気持ちであった。

非常に美しい容姿であったし、筆者の拙い英語を理解しようという姿勢が見えたわけである。

しかし、文化の違い、男性と女性のパワーバランスの違いは大きいものであった。

筆者の仕事はおそらく最も忙しい業種であるといっていい。

基本的には、マーケットが動いている間は、のんきに遊びにいけない。

ニューヨーク時間の日曜の夕方から金曜の夕方まで、世界の金融市場は休む暇などない。

となると、彼女と会うのは当然週末になる。週1回が限度だ。

もちろん、メール、テキスト、電話などもするが、せいぜい一日数回だろう。

日本ではこの程度の頻度で、文句をいう女性はあまりいなかった。

ところが、ヨーロピアンガールは違った。それでは少なすぎる、恋人の関係には少ないというのだ。

他のカップルはそれぐらい会っている、それが普通だと言うのだ。

彼女からそれを言われたとき、学生の頃の恋愛を思い出した。

学生の頃なら週2、3回会うのも億劫ではなかった。時間があったからだ。

しかし、今の仕事についてからは、そんな時間などない。

ウォール街に勤める金融マンたちは、どうやって、この自己中心的なビッチをマネージしているのか。

それが、結局分かれた理由の一つだ。

もうひとつの理由は、白人女性の性欲だ。

もちろん、日本人女性の性欲もそれなりのものがあるだろう。

しかし、白人女性は獣のようだ。

気が狂ったかのように、アグレッシブだ。

日本人女性が、恥ずかしさのあまり頬を赤くするなどといった表現とは、正反対だ。

スポーツの如く、セックスを楽しむ。

筆者はそれについていけなかった。正確には、そういった雰囲気にまったく興奮しなかった。

日本で生まれ、日本で育った筆者には、到底理解できないものであった。

おまけに、白人女性は、剃毛が粗い。見た目には綺麗に見える肌でも、触ればザラザラしている。

白人は毛深いといわれているが、彼らの毛は白いので、毛が生えていても見た目には目立たないのだ。

ただ、触れば毛が多いことは明らかだ。

今回の記事の結論はこうだ。

日本人女性は素晴らしい。世界一だ。筆者が保証する。

白人女性と付き合いたいと思っている男性諸君、付き合う必要はない、風俗にいけ。

それだけだ。

(今回の記事については、多少のバイアス、偏見が含まれています。ただ、友人達からの情報と、筆者の少ない経験に基づくとある程度の事実だと考えています。)

関連記事
スポンサーサイト
13 : 52 : 47 | その他色々 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

参考サイト

楽天市場

Category

相場見通し (0)
ファイナンス理論 (14)
筆者推薦ブログ (3)
英語、TOEIC (8)
就活、転職、企業年収 (40)
グルメ・旅行 (3)
大学受験 (14)
その他色々 (138)
映画、ドラマ、書籍 (25)
中国関連 (4)

サイト内検索

カスタム検索

Latest journals

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。