スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

テクニカル分析について



投資に携わる人間であれば、誰もがしってるテクニカル分析。

ファンダメンタル分析と並んで、テクニカル分析を知らずして、マーケットで生きていけないわけだ。

日系の運用機関では、ファンダメンタル分析が主流で、株式で言えば、アナリストが企業に取材に行って、

業績予想をするわけだ。

その業績予想はほとんどのケースであたらないわけだが、あたったとしても、株価は上昇するかどうかは分からない。

実際の業績が上ブレしたとしても、株価は下落することも多々あるわけだ。

ファンダメンタル分析も必要だが、それ1本打法ではコンスタントに勝つことは出来ない。

過去の株価から法則を見つけ出し、それが今後も実現するという前提に立つのが、テクニカル分析だ。

過去の株価は、多数の投資家が売り買いをして形成しており、株価がどう推移してきたには、大きな意味がある。

筆者もテクニカル分析は毎日のようにチェックしている。

投資の王道は、筆者が最初に読んだテクニカル分析の本だが、非常にシンプル且つ高度な分析をカバーしている。

ご一読あれ。
関連記事
スポンサーサイト
23 : 00 : 27 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

参考サイト

楽天市場

Category

相場見通し (0)
ファイナンス理論 (14)
筆者推薦ブログ (3)
英語、TOEIC (8)
就活、転職、企業年収 (40)
グルメ・旅行 (3)
大学受験 (14)
その他色々 (138)
映画、ドラマ、書籍 (25)
中国関連 (4)

サイト内検索

カスタム検索

Latest journals

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。