スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

為替相場の決定理論②金利平価説

続いて金利平価説。

金利平価説は、為替レートは自国通貨と外国通貨の名目金利の差によって決定されるという説。

ドルと円で考えよう。

ドルの名目金利が5%、円の名目金利が1%で、現在のドル円は1ドル100円、一年後の為替レートをEとする。

このときに、ドルは一年後に1.05ドルに増える一方で、円は一年後に101円に増える。

仮に筆者が巨万の富を持つ投資家(日本円でリターンを評価)であるとしよう。

5%の金利がつくドルに投資すべきか、1%しか金利がつかない円に投資すべきか。

それは1年後の為替レートにかかっているわけだ。

仮に、ドルと円の一年後の価値に差があれば、どちらかを売り、どちらかを買うはずである。前回説明した裁定取引だ。マーケットは効率的で、差があるとすれば、すぐに裁定取引で価格は修正される。

仮に差がないとしたら、つまり、一年後の1.05ドル=101円であれば、ドル円は96円となる。

これが金利平価説から求められるドル円の1年後の理論価格だ。

つまり、高金利の国の通貨は下がるというのが金利平価説のインプリケーションだ。

個人投資家の中で、高金利国(オーストラリア、南アフリカランド)に長期で投資する人がいるが、

高金利国の通貨は理論上下がるのだ。

下がらなければ、裁定取引が働いていないのだろう。一時的に市場は非効率となることがある。

ただ、本質的には、高金利通貨への投資は勝ちやすいとはいえないことが、金利平価説から分かるだろう。

また、前回紹介した購買力平価説(インフレしている国の通貨は下がり、デフレしている国の通貨は下がる)

との関連で言うと、インフレしている国はインフレ抑制のため高金利政策をとりやすく、デフレしている日本の

ような国は低金利政策を採りやすい。非常に整合的だ。

まとめると、高金利、インフレの国の通貨は理論上下がり、低金利、低インフレの国の通貨は上がるということだ。

高金利通貨ファンドなどの投資信託が高金利をうたい文句に個人投資家の間で大人気だが、金利平価説を勉強した今、

理論上全く有利な商品ではないことが分かっただろう。


関連記事
スポンサーサイト
07 : 39 : 47 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑

外資系金融機関への就職

ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、シティ、バンクオブアメリカ、UBS、クレディスイス、バークレイズ、JPモルガン。

いわゆる外資系金融機関への就職について語ろう。
まず、新卒と中途採用では採用経路が違う。

新卒採用では、各社は日系企業とほぼ同じタイミングで採用活動を開始する。
例えば、ゴールドマンサックス証券。
まずは、エントリーシートを提出。その後は、1対1の個別の面接を受けるわけだが、
外資系金融に共通しているのは、人事部が面接を行わず、各部署が面接をするんだ。
日系企業にありがちな、ジェネラリスト採用ではなく、スペシャリスト採用だ。
各部署がそれぞれの責任の下、採用を行う。
そのため、各部署のほぼ全員と面接を行い、すべてのメンバーからOKを貰う必要がある。
一人でも大きく反対すると、高確率で、不採用となるのだ。
もちろん、外資系金融機関の日本支店には、多くの外国人が勤めているので、
面接は英語だ。この時点で、英語が苦手な学生は、不採用となる。
帰国子女や、英語がまがりなりにも話せる東京大学院生などがこの面接をクリアする。
帰国子女の大半は、英語だけが出来るので、英語以外では、見た目が重要になる。
この時点でなかなか帰国子女の男は採用されない。
証券会社の業務の多くは、営業活動だ。
綺麗な英語が出来る女性が有利なのは当たり前だろう。
数度の面接をクリアすると、やっとボスとの面接だ。
ここまでくれば、たいしたものだった。

リーマンショック前のバブル期には、外資系金融機関にいくのが一種のステータスであった。
しかし、足もとの外資系金融機関の状況は散々たるものだ。
いまだに人員カットが続いており、筆者の予想では、しばらく金融機関は苦しむだろう。

続いて、中途採用についてだが、こちらが大部分だと思っておいたほうがいい。
新卒など、数年は何の役にもたたない。日系企業である程度の経験、実績を積むと、
自然とヘッドハンターからの電話が来るようになる。CFA,MBAといった資格を持っていると、
その脈から連絡がくることも多い。
筆者は後者のケースだ。

どちらがいいかは非常に難しいが、新卒で外資系にはいった連中で、3年間残れる人はほとんどいないだろう。
中途で実績を引っさげて入ってきた人間は、やはり職場変われど、実績を挙げるケースが多い。

昨今の不況で、外資金融人気は、影を潜めたかに見えるが、いずれまたバブルは来るだろう。
次のバブルまでに一度、外資系金融の青天井のボーナスを受け取りたくはないだろうか。
関連記事
05 : 51 : 49 | 就活、転職、企業年収 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

参考サイト

楽天市場

Category

相場見通し (0)
ファイナンス理論 (14)
筆者推薦ブログ (3)
英語、TOEIC (8)
就活、転職、企業年収 (40)
グルメ・旅行 (3)
大学受験 (14)
その他色々 (138)
映画、ドラマ、書籍 (25)
中国関連 (4)

サイト内検索

カスタム検索

Latest journals

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。