スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

証券アナリスト試験について

ファイナンス理論はファンドマネジャーやアナリスト、金融機関で働く人にとっては必要不可欠だ。

資産運用、資金調達、デリバティブなど全てファイナンス理論が説明してくれる。

筆者のように投資の現場にいる人間がファイナンス理論をどう実務に生かしているかは別にして、

まず、金融機関に入社する前に大学でファイナンスの講義を受けるのが一般的だ。

というか少なくとも大学で勉強すべきだ。

社会人になってからでは、遅くはないが、早めに勉強した方がいいだろう。

で、今日紹介するのは、証券アナリスト試験だ。証券アナリスト協会が実施している、日本で唯一といってもいい、

ファイナンス関連の試験だ。

科目は3科目。

ポートフォリオマネジメント

財務分析

経済

試験は1次試験、2次試験からなる。

大学で経済学、ファイナンスの授業を受けたことがあれば、問題ないだろう。

誰でも受かる試験だ。

といっても合格率は3割、4割と、高くはない。

銀行、証券、運用会社などに就職すると、2次試験合格が昇進の要件であったりする。

筆者も社会人2年目で2次試験に合格したが、正直簡単な試験だ。

大学4年生の暇な時期に、勉強しておいて損はない。

運用業界では、証券アナリストは運転免許の位置づけだ。

この程度の試験に落ちるようでは、先はないと思ったほうがいい。

何回も受け直す同期などがいたが、頭が悪いですといっているようなものだ。

以下に筆者推薦の参考書を紹介する。

これさえ、やりこめば、確実に合格する。

他のTACの参考書などは、内容が薄い。

後から振り返られるように、経済法令研究会で揃えるべきだ。

健闘を祈る。



スポンサーサイト
07 : 08 : 09 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

CFA試験お薦め参考書【シュウェザー】Kaplan CFA Basics

CFA試験の必須アイテム。

米国のCFA協会の公式テキストブックは分厚くて超非効率。

キャプランシュウェザー(Kaplan Schweser)社の参考書が一番効率がいい。

米国ではキャプランシュウェザー(Kaplan Schweser)社は金融関係の参考書で超有名。


12 : 14 : 57 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

米国マクロ経済指標を理解するのに一番いい本



米国は世界最大の経済大国だ。中国やらブラジルやら新興国の台頭ばかりに目がいくが、米国が倒れれば世界経済が倒れると言う構図は未だに変わっていない。米国の失業率にこれほどまでに市場が反応するのもその証左だ。Economic Indicatorは英語で書かれた本であるが、大学に入るための英語力と経済学をやったことがある人なら、難なく読めるだろう。英語の勉強にもなるしね。
00 : 20 : 05 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

CFA(米国証券アナリスト)は価値があるのか?

CFAは資産運用業界に勤める人間であれば一度は聞いたことがあるだろう。日本ではCMA(証券アナリスト)が有名であるが、米国では、というか世界ではCFAの方がはるかに知名度、有用性共に高いのである。資産運用業界、ファンドマネジャーやアナリストとして活躍していくためにCFAは必要なのだろうか?正直言って筆者は必要はないと考えている。運用の世界は非常に分かりやすい世界で、マーケットに勝つか否かが評価の全てだ。資格を沢山持っていようが、そこには何も価値がない。顧客から預かった資産を少しでも増やすのが仕事なのだ。MBAを持っていても負ければ首になる。それが資産運用業界だ。

ただ、転職活動においては、CFAは非常に有効といえる。CFAホルダーであれば分かると思うが、CFAホルダーとしてCFA境界に登録することで、人脈を形成することが出来る。また、転職市場では、CFAホルダーというだけで、ある程度のレベルの知識があるということをシグナルとして発することが出来るのだ。そういった意味でCFAは有効であると言える。

しかし、CFA試験はタフだ。試験内容が難しいと言うよりは、血の滲むような努力が必要だ。3次に亘る英語の試験をパスしなければならず、3年間の試験勉強を強いられるのだ。内容自体に真新しいことは少なく、ファンドマネジャーとして活躍するのに必要な最低限の知識と言う程度だ。それでもこの世知辛い世の中だ。いつクビを切られるか分からない時代だ。暇な大学生の内に取っておいて良いのではないだろうか。
06 : 38 : 14 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

テクニカル分析について



投資に携わる人間であれば、誰もがしってるテクニカル分析。

ファンダメンタル分析と並んで、テクニカル分析を知らずして、マーケットで生きていけないわけだ。

日系の運用機関では、ファンダメンタル分析が主流で、株式で言えば、アナリストが企業に取材に行って、

業績予想をするわけだ。

その業績予想はほとんどのケースであたらないわけだが、あたったとしても、株価は上昇するかどうかは分からない。

実際の業績が上ブレしたとしても、株価は下落することも多々あるわけだ。

ファンダメンタル分析も必要だが、それ1本打法ではコンスタントに勝つことは出来ない。

過去の株価から法則を見つけ出し、それが今後も実現するという前提に立つのが、テクニカル分析だ。

過去の株価は、多数の投資家が売り買いをして形成しており、株価がどう推移してきたには、大きな意味がある。

筆者もテクニカル分析は毎日のようにチェックしている。

投資の王道は、筆者が最初に読んだテクニカル分析の本だが、非常にシンプル且つ高度な分析をカバーしている。

ご一読あれ。
23 : 00 : 27 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

米国証券アナリスト試験(CFA)

日本の証券アナリスト試験をパスした人が次に目指すは米国証券アナリスト(CFA)だ。

日本の証券アナリスト試験など、運用業界では誰もが持っているものだが、

米国証券アナリストは格が違う。日本人の資格保有者は2000人に満たない。

筆者のように海外で金融機関に勤める場合、MBA、CFAのどちらか、或いは両方を持っていないと、

まず会社に転職することが出来ない。

CFA試験は、英語で行われる試験で、3次の試験からなる。

内容的には、日本の証券アナリストと大きくは違わないが、より高度な内容が問われる。

英語ネイティブの人にとっては、容易い試験だろうが、純日本人には多少タフだ。

以下の参考書はこれから試験をうける人にお勧めだ。

時間のない中で、どうやって効率よく勉強するかが書いている。

CFA受験の必須アイテムだ。


08 : 50 : 03 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

金持ち父さん貧乏父さん



5年くらい前に読んだ本だが、今も大事にとってある。

経済学部を出た人なら、すんなり読めるだろう。

お金はお金を稼いでくれる。

資本家と労働者の関係を非常にわかりやすく解説している。

ラットレースから抜け出すための方法論。

ワーキングプアという言葉が流行ったが、働けど働けどいっこうに楽にならない人は、

この本を読んでみよう。頑張ればどうにかなる時代は終わった。

頭を使おう。
05 : 45 : 52 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

為替相場の決定理論②金利平価説

続いて金利平価説。

金利平価説は、為替レートは自国通貨と外国通貨の名目金利の差によって決定されるという説。

ドルと円で考えよう。

ドルの名目金利が5%、円の名目金利が1%で、現在のドル円は1ドル100円、一年後の為替レートをEとする。

このときに、ドルは一年後に1.05ドルに増える一方で、円は一年後に101円に増える。

仮に筆者が巨万の富を持つ投資家(日本円でリターンを評価)であるとしよう。

5%の金利がつくドルに投資すべきか、1%しか金利がつかない円に投資すべきか。

それは1年後の為替レートにかかっているわけだ。

仮に、ドルと円の一年後の価値に差があれば、どちらかを売り、どちらかを買うはずである。前回説明した裁定取引だ。マーケットは効率的で、差があるとすれば、すぐに裁定取引で価格は修正される。

仮に差がないとしたら、つまり、一年後の1.05ドル=101円であれば、ドル円は96円となる。

これが金利平価説から求められるドル円の1年後の理論価格だ。

つまり、高金利の国の通貨は下がるというのが金利平価説のインプリケーションだ。

個人投資家の中で、高金利国(オーストラリア、南アフリカランド)に長期で投資する人がいるが、

高金利国の通貨は理論上下がるのだ。

下がらなければ、裁定取引が働いていないのだろう。一時的に市場は非効率となることがある。

ただ、本質的には、高金利通貨への投資は勝ちやすいとはいえないことが、金利平価説から分かるだろう。

また、前回紹介した購買力平価説(インフレしている国の通貨は下がり、デフレしている国の通貨は下がる)

との関連で言うと、インフレしている国はインフレ抑制のため高金利政策をとりやすく、デフレしている日本の

ような国は低金利政策を採りやすい。非常に整合的だ。

まとめると、高金利、インフレの国の通貨は理論上下がり、低金利、低インフレの国の通貨は上がるということだ。

高金利通貨ファンドなどの投資信託が高金利をうたい文句に個人投資家の間で大人気だが、金利平価説を勉強した今、

理論上全く有利な商品ではないことが分かっただろう。


07 : 39 : 47 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑

読むべき本②できるExcel実践マクロ

エクセルとは長い付き合いだ。
かれこれ学生時代から10年以上付き合っている。

エクセルはワードを兼ねるというのが筆者の持論だ。

エクセルがあれば、何でも出来る。
逆にいうとエクセルがないと何も出来ない。
社会人になれば、嫌でもエクセルに触れることになる。
社会人でもエクセルが出来ない人も多い。
エクセルが出来ないと仕事が出来ない。
だから、エクセルの基本、出来ればマクロVBAも習得することをお勧めする。

ちなみに、アメリカ人はエクセルが苦手。マクロなんてとんでもない。
筆者がウォールストリートの厳しい競争環境の中で、生き残っているのは、
運用成績であることは間違いないが、運用成績を支えているのは、エクセルによるところも多い。



08 : 08 : 23 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

為替相場の決定理論①購買力平価説

外国為替相場の決定理論について解説しよう。

為替には理論価格がないといわれるが、まさにその通りだ。

株式であれば、企業が存続する限り、一定程度の企業価値というのは存在していて、

仮に企業が解散した場合に、債権者、株式投資家がどの程度の持分が見込めるかが計算できる。

企業は売上、利益を計上し、株式価値というものが計算できる。

そういった概念は為替にはなく、為替は全て相対で決まる。絶対という概念がないのだ。

為替の決定理論は大きく2つだ。

1つは購買力平価説だ。

この理論の背景には、一物一価の法則がある。

一物一価の法則とは、同じものの価格は、世界どこでも同じだということだ。

例えば、ビッグマックが日本で100円だとしたら、アメリカでも100円だということ。

アメリカでビッグマックが1ドルで売られているなら、

ドル円の理論価格は1ドル100円にならないとおかしいという理論だ。

仮に1ドル200円だとしたら、どうゆうことが起こるか?

日本で100円でビッグマックを1個買って、アメリカに持っていく。

アメリカで1ドルで売って、1ドルをゲットだ。

それを円に変えると、200円だ。100円のコストで200円をゲットだ。

もちろん、ここでは輸送費などは考慮していないため、現実的には無理であるが、

一物一価の法則が成り立つなら、為替は1ドル100円であるはずだ。

地域間で異なる価格差を利用して、儲けようとすることを裁定取引という。いわゆるアービトラージだ。

市場が効率的で、価格差があるところには、すぐに裁定取引が行われ、価格差が修正されるという前提にたっている。

次に、購買力とは、その通貨の物を買う力だ。

例えば、1ドル100円なら、100円で1ドルの物を買えるわけだ。

1ドル200円なら、100円で、0.5ドルの物しか買えないのだ。

為替が円安になるとは、円の購買力が弱くなっているということで、足元の円高は円の購買力が強いということだ。

購買力の概念を抑えた上で、今度はインフレ率をこの考えに組み入れよう。

例えば、アメリカのインフレが10%で、日本のインフレが1%だとしよう。

アメリカでは毎年10%物の値段が上がる一方で、日本ではたった1%だ。

どちらの通貨のものの購買力が強いだろうか?

日本では、100円のビッグマックが1年後には101円だ。

アメリカでは、1ドルのビッグマックが1年後には1.1ドルだ。

仮に現在、1ドル100円の為替レートだとしよう。1年後には、1.1ドル101円にならないと、

一物一価の法則がなりたたない。1年後のドル円の為替レートは1ドル92円にならないといけにわけだ。

インフレしている国の通貨の購買力は弱くなり、デフレしている国の通貨の購買力は強くなる。

インフレしている国の通貨は弱くなり、デフレしている国の通貨は強くなる。

これが購買力平価説だ。

円がプラザ合意以降、ずっと円高なのは、デフレだからだ。一物一価がなりたつとは思わないが、

デフレの国の通貨が強くなるのは理論上、当然の帰結だ。

このまま、日本がデフレ地獄から抜け出せないなら、1ドル50円でも筆者は驚かない。
23 : 08 : 59 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

現在価値と将来価値

ファイナンスの基礎中の基礎。

大学で経済学とかファイナンスの講義を受ければ、まず最初に抑えるべき概念。

ここで質問。
お金をもらえるとしよう。
今日もらえる100万円と1年後にもらえる100万円どっちを選ぶ?

答えは、今日もらえる100万円だ。

経済学では常に現在価値と将来価値で物事を考えないといけない。

今日もらえる100万円と1年後にもらえる100万円は等価ではないのだ。

銀行預金をしたことがあるだろう。

仮に今日100万円貰って、銀行口座に預金すれば、1年後には僅かばかりの金利がつくはずだ。

日本の超低金利で考えると分かりづらいが、オーストラリアでは4%程度の金利がつく。

以下オーストラリアで考えよう。

今日貰った100万円は1年後には104万円になるだろう。(100×1.04=104)

今日貰った100万円の将来価値は104万円だ。

一方で1年後にもらえる100万円は、今日時点では96万円の価値しかない。(100/1.04=96)

なぜなら今日96万円持っていれば、1年後には100万円になるからだ。

1年後の100万円の現在価値は96万円となるのである。

仮に20年後に1億円もらえるとしよう。ただ市場の金利は5%としよう。

20年後の1億円の現在価値は、4000万円弱だ。(10000万円/(1.05)^20=3769万円)

頭のいい読者にはピンときただろう。

そう、時間には価値があるのだ。

タンスの中でお金を眠らせるなど、経済学的には愚かな行為だ。
23 : 02 : 21 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

金融マン必須資格-簿記-



商学部の学生にはいわずもがなだが、これから就職活動なら、簿記資格をとるべきだ。

日商簿記試験は3級から1級まであるが、2級レベルは社会人として必須だ。

簿記は会計の基礎だし、考え方をしらないと仕事ができない、財務諸表が読めないことになってしまう。

投資銀行、ヘッジファンドなど全ての金融機関で必要になる基礎知識だ。

筆者は1級まで取得したが、2級レベルなら1ヶ月独学でクリアできるだろう。

社会人になると勉強する暇もないほど働くことになるだろう。
05 : 05 : 55 | ファイナンス理論 | トラックバック:(1) | コメント:(0) | page top↑

読むべき本①藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義

筆者が大学時代に読んで大変勉強になった本。左下ね。
藤巻健史さんは、JPモルガンのディーラーで勝ちまくった男。
最近の相場予測は、なかなかあたらないのだが、マーケット経験が非常に長く、
この本も非常に実践的だ。理論を学ぶという
比較的平易な言葉で書かれているので、読みやすいだろう。
早稲田や一橋大学で講義をしているらしく、今もやっているかは定かではないが、筆者は一度早稲田大学に通う友人と
講義を聴きに行った事がある。
質問にも丁寧に答えてくれ、人柄のいい人だ。
金融機関志望でなくとも、一度読む価値がある。もちろん社会人もだ。


07 : 37 : 59 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

証券アナリスト試験について

ファイナンス理論はファンドマネジャーやアナリスト、金融機関で働く人にとっては必要不可欠だ。

資産運用、資金調達、デリバティブなど全てファイナンス理論が説明してくれる。

筆者のように投資の現場にいる人間がファイナンス理論をどう実務に生かしているかは別にして、

まず、金融機関に入社する前に大学でファイナンスの講義を受けるのが一般的だ。

というか少なくとも大学で勉強すべきだ。

社会人になってからでは、遅くはないが、早めに勉強した方がいいだろう。

で、今日紹介するのは、証券アナリスト試験だ。証券アナリスト協会が実施している、日本で唯一といってもいい、

ファイナンス関連の試験だ。

科目は3科目。

ポートフォリオマネジメント

財務分析

経済

試験は1次試験、2次試験からなる。

大学で経済学、ファイナンスの授業を受けたことがあれば、問題ないだろう。

誰でも受かる試験だ。

といっても合格率は3割、4割と、高くはない。

銀行、証券、運用会社などに就職すると、2次試験合格が昇進の要件であったりする。

筆者も社会人2年目で2次試験に合格したが、正直簡単な試験だ。

大学4年生の暇な時期に、勉強しておいて損はない。

運用業界では、証券アナリストは運転免許の位置づけだ。

この程度の試験に落ちるようでは、先はないと思ったほうがいい。

何回も受け直す同期などがいたが、頭が悪いですといっているようなものだ。

以下に筆者推薦の参考書を紹介する。

これさえ、やりこめば、確実に合格する。

他のTACの参考書などは、内容が薄い。

後から振り返られるように、経済法令研究会で揃えるべきだ。

健闘を祈る。


07 : 08 : 09 | ファイナンス理論 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム |

Sponsored by Google

Sponsored by Google

参考サイト

楽天市場

Category

相場見通し (0)
ファイナンス理論 (14)
筆者推薦ブログ (3)
英語、TOEIC (8)
就活、転職、企業年収 (40)
グルメ・旅行 (3)
大学受験 (14)
その他色々 (138)
映画、ドラマ、書籍 (25)
中国関連 (4)

サイト内検索

カスタム検索

Latest journals

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。