スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

南アフリカランドでスワップ投資

今回はFX(外為証拠金取引)ネタ。

今のクロス円の中では、ランドが魅力的。

1万通貨当り14円のスワップが毎日入る。

南アフリカ中銀は当面は政策金利を維持する見通しで、スワップも安定的。

問題は為替レートのボラが半端ないという点だけど、足元の1ランド9.4円の水準はヒストリカルローで、

単純に1日1万通貨当り14円のスワップが365日入れば、年間5110円。

仮にレバレッジをゼロで運用すると、1万通貨×9.4円=9万4千円が投資金額で、それに対して5千円入ってくる計算。

20年間で投資金額が回収できる計算。仮に20年後の為替レートが1ランド9円であれば、9万4千円に対して、10万ほどスワップがはいって、倍増。

レバレッジを2倍にして、投資金額を4万7千にすれば、20年で10万スワップ収入で、資金は3倍。

この場合、為替レートが1ランド4.5円割ると、証拠金が吹っ飛ぶ。

1ランド6円がボトムという前提だと、レバレッジを3倍まで拡大できて、20年で資金は4.3倍。3万1千円の投資で、10万スワップ収入。

自己資金が仮に1000万あれば、20年間で4300万。

更に、為替レートがリーマンショック前の18円まで戻れば、+9万で、20年で資金は7倍超。

こんな皮算用で高金利通貨ランドでスワップ投資を始めたい人は、以下のサイトが最も有用。

南アフリカランド研究所

通称ラン研さんが分かりやすく、南アフリカランドの政策金利の方向性、中央銀行のステートメントの日本語訳、マクロ指標なんかを解説してます。

ランドは情報量が少ないので、チェックする価値あり。
スポンサーサイト
08 : 28 : 57 | 筆者推薦ブログ | トラックバック:(1) | コメント:(0) | page top↑

南アフリカランド研究所

南アフリカランド研究所っていうサイトがあるわけですけど、

米国株を運用している筆者でも、毎日チェックしてます。まじで。

特に最近のマーケットは、新興国のモメンタムを見るのが重要。

例えば、今ユーロ危機だっていうけど、じゃあユーロだけ見ていても意味がないわけ。

ユーロの銀行は、南アフリカの企業に大量に融資をしているわけだけど、

最近のランド安、足元はランド強いけど、は明らかに欧州銀行が資金を引き上げているわけ。

米国の海外融資が増加し始めているわけだけど、それも欧州の銀行が資金を引き上げたせいで、

米国の銀行が金を新興国に入れてるんだよね。

つまり、欧州の銀行はかなり資金調達に困っているわけで。まー、欧州国債を大量に保有している

欧州銀行の評価損は半端ないはず。

そういったことが推測されるんです。南アフリカランド研究所の記事読んでると。

運用関係の皆さんも毎日チェックして損なし。
13 : 23 : 20 | 筆者推薦ブログ | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑

為替王

為替王

筆者と同様に、外資系運用機関で、ファンドマネジャーをされている方のブログ。

過去5年ほどチェックしているけど、まー本物の運用者だなと。

書籍とかレポートも販売しているようで、よくそんな時間あるなと感心するね。

まー、為替王さんに追いつけるよう精進します。
13 : 31 : 56 | 筆者推薦ブログ | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
| ホーム |

楽天市場

Amazon Shopping

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。